【特定の者対象】介護職員等によるたんの吸引等の実施に関する手続き等について

2019年10月08日 | コンテンツ番号 7015

特定の者対象です。       ※不特定多数の者は長寿社会課

 「社会福祉士及び介護福祉士法」の一部改正により、平成24年4月1日から、一定の研修を受けた介護職員等が、医療や看護との連携体制の確保等を条件に、たんの吸引等の行為を行うことができることになりました。
 研修の受講後は、「認定特定行為業務従事者認定証」の交付を受け、かつ、たんの吸引等を行う事業者として登録を受ける必要があります。
 つきましては、関係する手続きや様式について掲載しますので、御確認ください。
 また、登録事業者の状況についても掲載しますので、御確認ください。 

ダウンロード

 

 

 

 

 

 

外部リンク