障害者支援施設等災害時情報共有システムについて

2021年06月14日 | コンテンツ番号 58215

 令和3年度から、災害発生時に障害福祉サービス等事業所の被災状況を自治体や国と情報共有するためのシステム「障害者支援施設等災害時情報共有システム」の運用が開始されます。

 「障害者支援施設等災害時情報共有システム」は、自治体や国が被災状況の情報を共有するシステムであり、一般には非公開です。

 障害福祉サービス等事業所においては、平時から緊急連絡先等の登録をしていただくほか、災害が発生したときには被災状況入力をしていただくことになりますので、次のとおりお願いします。(秋田市以外に所在する事業所が対象です。)

  • 基本情報(事業所名等)の登録について
     基本情報は、別のシステムである「障害福祉サービス等情報公表システム」にて公表されている情報が自動で反映されます。
     新設の事業所の場合は、「障害福祉サービス等情報公表システム」における登録をお願いします。
    (県で初期登録をすると、WAM NETより事業者あてに「〔障害福祉サービス等情報公表システム〕事業所登録通知」といった題名のメールが届きますので、手順に沿って、各事業所において入力をお願いします。)
     「障害福祉サービス等情報公表システム」の詳細については、次のページをご参考にしてください。
      https://www.pref.akita.lg.jp/pages/archive/34496
     
  • 事業所の緊急連絡先等の登録について
     各事業所の緊急連絡先等については、県で登録作業を行います。
     次の様式「災害時情報共有システム 登録票」に記入の上、県障害福祉課(Shoufuku@pref.akita.lg.jp)へ送付してください。
     【様式】災害時情報共有システム 登録票.xls [15KB]

     なお、災害時情報共有システムは、一般には非公開ですので、事業所からアクセスすることはできません。今後、緊急連絡先等の登録内容が変更となった場合は、県にお知らせくださるようお願いします。

  • 災害時の被災状況報告のイメージ
     対象となる災害が起こった場合は、緊急連絡先として登録したメールアドレスあてに、WAM NETよりメールが届きます。
     メール本文に、報告用のURLが記載されていますので、パソコンやスマホからアクセスして、被災状況を報告してください。

  • 留意事項
     災害時情報共有システムの運用開始により、システムを利用した被災状況の情報収集が可能となりますが、緊急連絡先等の登録完了に時間を要することなどから、当面の間は、これまでどおり個別連絡による報告も併用されますので、御承知おきください。

    チラシ

    チラシ(PDF版) [190KB]