北部家畜保健衛生所

お知らせ

 

庁舎の維持管理に関する入札・契約情報

家畜保健衛生所案内

北部家畜保健衛生所の概要や画で見る家保の業務を紹介しています。
 当所は、平成2年に県産材をふんだんに使って一新され、新築当初はユニークな外観のためかレストランと間違えられたこともありました。
 管内は、鹿角市・小坂郡、大館市・北秋田市・北秋田郡、能代市・山本郡の4市4町1村で、総面積は県土の4割に当たる約4,400km2と広大です。
 重点的な取り組み
 放牧に適した日本短角種(鹿角地区)と褐毛和種(北秋田地区)の飼育が盛んでしたが、急速に黒毛和種への転換が進んでおり、受精卵移植を活用した品種の転換や品種特性に合わせた飼育管理の指導、10箇所の公共牧場の衛生検査等を重点的に進めております。
 養豚においては、大規模経営化や企業養豚の進出が相次ぎ管理獣医師との連携強化により衛生対策に努めているところです。
 日本三大地鶏として有名な比内地鶏(大館・比内地域が原産の天然記念物である比内鶏の雄とロードアイランドレッドの雌を交配して作出)は、19年度は約110戸で出荷が66万羽(全県の87%)となりました。県では消費者に安全で信頼できる比内地鶏を提供するため、地鶏の農林規格よりも厳しい生産・管理基準等を定めた「秋田比内地鶏ブランド認証制度」を平成20年度からスタートさせました。家保も認証のための現地確認調査に同行し、飼育管理やコクシジウム対策の指導など関係者と一体となって取り組み、一層の生産拡大を図っているところです。
 管内の観光
 管内は、世界遺産の白神山地、十和田湖、ストーンサークル、八幡平など風光明媚な地勢に加え、夏祭りを代表する鹿角の花輪ばやし、大館あめっこ市、綴子の大太鼓、能代の役七夕などの伝統行事、大館の曲げわっぱ、能代の春慶塗などの伝統工芸品、比内地鶏の歯ごたえと出汁が楽しめるきりたんぽ鍋、人気急上昇中のツルツルした食感がたまらないジュンサイ鍋などの特産品も数多くあります。是非一度、お越しください。

鳥インフルエンザ情報

 《農家の皆さんへ》 
 ○基本的な飼養衛生管理を徹底してください。
  
①防鳥ネットに隙間・穴がないこと
  ②ネズミ等の野生生物を鶏舎内に侵入させないこと
  ③農場内専用の衣服・履き物を設置し、出入り時に必要な消毒を行うこと
  ④鶏へ給与する飲用水は、消毒されたものであること
また、農場においては次のことを留意し対応をお願いします。
1  毎日、飼養家きんの健康状態を観察して記録してください。
  農場主及び従業員に対して、毎日の健康観察を徹底するとともに、毎日の死亡羽数及び状況を記録・保管してください。
2 飼養家きんに、次のような異常があった場合は家畜保健衛生所に速やかに連絡してください。
 ① 鶏冠・肉垂等の腫れや元気が無い(沈うつ状態)など高病原性鳥インフルエンザが疑われる個体を確認した場合
  ② 1鶏舎において、1日の死亡羽数が直近3週間の平均死亡羽数と比較して、2倍以上となった場合
  ③ 1鶏舎において、5羽以上がまとまって死亡している、うずくまっている等異常な状況が確認された場合
  ④ 上記以外で本病が疑われ、異常が確認された場合

《連絡先》
 ○家きん(鶏・アヒル・うずら・七面鳥)の異常の場合
   北部家畜保健衛生所 0186-62-2715
   中央家畜保健衛生所 018-864-0401
   南部家畜保健衛生所 0187-62-5354
   (夜間・休日・祝日は、携帯電話へ転送されます。)
 ○野鳥(ハクチョウ・カモ等の渡り鳥・カラス等)の異常の場合
   自然然保護課   018-860-1616
   鹿  角地域振興局森づくり推進課 0186-23-2275
   北秋田地域振興局森づくり推進課 0186-62-1445
   山  本地域振興局森づくり推進課 0185-52-2181
   秋  田地域振興局森づくり推進課 018-860-3411
   由  利地域振興局森づくり推進課 0184-22-8351
   仙  北地域振興局森づくり推進課 0187-63-6113
   平  鹿地域振興局森づくり推進課 0182-45-6152
   雄  勝地域振興局森づくり推進課 0183-73-5111
      休日:鳥獣保護センター   018-852-2134
 ○愛玩鳥(インコ等ペットとして飼われている鳥)の異常の場合 
  生活衛生課      018-860-1539
  動物管理センター   018-828-6561 

口蹄疫情報

☆口蹄疫から農場を守るため次の事を徹底しましょう!
 ・家畜に異常がみられた場合は、最寄りの家畜保健衛生所へ速やかに連絡してください。
 ・農場、畜舎の出入りのとき、車、長靴、作業服などの消毒を十分行ってください。
 ・農場へ出入りし帰宅した場合は、入浴し洗髪、洗浄を徹底しましょう。
 ・家畜の状態を毎日よく観察してください。
 ・残飯を飼料とする場合は、十分加熱してください。
 ・畜産関係者は、発生地域への農場視察および旅行などを避けてください。
 ・家畜の「飼養衛生管理基準」に従った衛生対策で、家畜伝染病の侵入防止に努めましょう。

◎秋田県の連絡先
  北部家畜保健衛生所      電話 0186-62-2715 
 
  中央家畜保健衛生所      電話 018-864-0401
  南部家畜保健衛生所      電話 0187-62-5354
  (夜間・休日は、各家保の担当者へ転送されます。)
  農林水産部畜産振興課       電話 018-860-1808

動物用医薬品関係

このページを紹介する