栽培漁業施設のリニューアル工事-8

2018年05月09日 | コンテンツ番号 34029

  (平成30年5月8日)
 桜の花も散り、山の木々の緑も日々増えています。
 さて、H29年度に建設していた「生産棟」が完成し、今後ヒラメ、トラフグ、マダイ、ガザミと順次、種苗生産を行っていきます。
完成した生産棟 [28KB]

 

 

 

 

 

完成した生産棟

  水槽[55KB]  左側に水量50トンの水槽が6基、右側に水量20トンの水槽が10基並んでいます。
 また、安全に見学できるように、手すりが付いています。 
 50トン水槽 [62KB]  50トン水槽
 親魚棟と同様に閉鎖循環式が採用されています。
(閉鎖循環式についての説明はこちらをご覧ください)
 
 20t水槽 [55KB]   20トン水槽
  こちらは従来と同様の飼育水掛け流し式です。
 
 移動式の水槽を置くスペース [38KB]  ガザミの親ガニ用水槽など、移動式の水槽を置くスペースもあります。 
 ○ 現在の状況(本館棟屋上より)  
本館棟屋上より [109KB]
 今年度は栽培漁業施設リニューアル工事の最終年で、育成棟が建設されます。育成棟は種苗生産と中間育成、漁業者の研修に利用する予定になっています。