叙勲候補者の一般推薦について

2016年08月24日 | コンテンツ番号 924

 内閣府では、春秋叙勲の候補者としてふさわしい方を一般の方々が推薦できる「一般推薦制度」を、平成15年から実施しています。
 この制度は、人目に付きにくい分野で真に功労のある方や、多数の分野で活躍し国家又は公共に対する功労のある方などを、一般の皆さんから幅広く推薦していただき、毎年春と秋に発表される叙勲の候補者として内閣府が把握するためのものです。

候補者の対象となるのは、次のような方です。

  • 国家又は公共に対して功労のある方(おおむね20年以上活動)で、次の1又は2に該当する方
    1. 70歳以上の方
    2. 55歳以上の方で次のいずれかに該当する方
      • 精神的又は肉体的に著しく苦労の多い環境で業務に精励した方 
      • 人目に付きにくい分野で多年にわたり業務に精励した方

 ※ただし、自分自身や二親等内の親族関係にある方を推薦することはできません。

推薦の方法は次のとおりです。

  • 推薦者1名、賛同者2名が必要です。
  • 指定の推薦書及び賛同書を、下記の内閣府の担当窓口あてに郵送してください。年間を通じて、常時受付しています。
    推薦書の様式は、内閣府のホームページから入手できます。(外部リンクを参照してください)

担当窓口 (問合せ・推薦書送付先)

  • 内閣府賞勲局総務課一般推薦担当
  • 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
  • 電話番号:03-5253-2111(内線83244)