平鹿地域「山と川のある町」アダプト・プログラム事業のご紹介

2017年05月29日 | コンテンツ番号 8914

「アダプト・プログラム」事業とは

「アダプト」とは「養子にする」という意味で、社会貢献に意欲・関心を持つ団体と行政が協働して、県が管理する一定区間の道路や河川の「里親」となって、清掃や除草などの環境美化活動や維持管理活動を行い、良好な道路・河川環境をつくることにより、地域の共有財産である道路や河川への愛着を深めていただくとともに、利用者のマナー向上を図ることを目的として実施している事業です。

これまで対象活動区域が道路の場合は「アダプト・ロード・プログラム」、河川の場合は「アダプト・リバー・プログラム」としておりましたが、参加していただける団体等を拡大し、より良い環境作りと愛着を深めていただくため、「山と川のある町」アダプト・プログラムと名称を変更しました。

現在、平鹿地域振興局管内では、次の団体が活動しています。

株式会社村岡組

協定年月日 平成23年11月21日  一級河川 横手川(実施区間 0.6km)

実施計画(6月・8月・10月の計3回)

写真:株式会社村岡組1 写真:株式会社村岡組2 写真:株式会社村岡組3

ヨコウン株式会社

協定年月日 平成22年3月25日 主要地方道 横手大森大内線(実施区間 1.5km)

実施計画(4月・6月・8月・10月の計4回)

写真:ヨコウン株式会社1 写真:ヨコウン株式会社2 写真:ヨコウン株式会社3

秋田ふるさと農業協同組合

協定年月日 平成22年8月5日

主要地方道 横手停車場線(実施区間 0.2km)及び主要地方道 横手大森大内線(実施区間 0.6km)

実施計画(6月・8月・10月の計3回)

写真:秋田ふるさと農業協同組合1 写真:秋田ふるさと農業協同組合2 写真:秋田ふるさと農業協同組合3

泉谷土木・細谷設備EMS実行委員会

協定年月日 平成24年7月20日 一般県道 野崎十文字線(実施区間 0.2km)

実施計画(4月~10月 毎月1回 計7回)

写真:泉谷土木・細谷設備EMS実行委員会1 写真:泉谷土木・細谷設備EMS実行委員会2 写真:泉谷土木・細谷設備EMS実行委員会3

株式会社 柏建設

協定年月日 平成28年6月16日 一般県道 野崎十文字線(実施区間 0.3km)

実施計画(6月・7月・9月の計3回)

写真:株式会社 柏建設1 写真:株式会社 柏建設2

三又建設株式会社

協定年月日 平成29年5月23日 国道107号(実施区間 0.35km)

実施計画(6月~10月 毎月1回計5回)

団体認定証交付 確認書締結

 

活動が継続してこそ、地域の美化、住民による"まちづくり"につながっていくと思いますので、無理のない範囲で、楽しく活動が出来るような計画を立てることが重要と、私たちは考えています。

アダプト・プログラムに興味・関心を持たれた企業、団体の皆さん、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

お問い合わせ先

  • 〒013-8502 横手市旭川一丁目3番41号
  • 平鹿地域振興局 建設部 用地課 「山と川のある町」アダプト・プログラム担当まで
  • 電話 0182-32-6208
  • FAX 0182-32-0246