【その他活動】東日本大震災:被災地へ支援米贈呈 小松・東前郷地域環境保全協議会(仙北市)

2013年11月28日 | コンテンツ番号 5596

農地・水写真館Vol.41

平成23年11月15日に東日本大震災で被災した岩手県宮古市摂待(せったい)の 農地・水保全管理組織「摂待水利組合農地と水の会」(花輪長一代表)へ秋田県仙 北市の同組織「小松・東前郷地域環境保全協議会」(伊藤裕明会長)から「がんばろ う東北」の田んぼアートを施した場所で栽培した新米(あきたこまち)約900kgを贈りました。

写真:中型バスに新米を積み込み6時間かけて運びました。
中型バスに新米を積み込み6時間かけて運びました。
写真:「摂待水利組合農地と水の会」と一緒に
「摂待水利組合農地と水の会」と一緒に

「摂待水利組合農地と水の会」の花輪代表からは、「遠くから美味しいお米をありがたい」と感謝 されました。また、今回支援されたお米は、地域の全戸(約65戸)へ配布するとのことでした。

写真:「がんばろう東北」の田んぼアート
「がんばろう東北」の田んぼアート