長鎖高度不飽和脂肪酸と鶏肉のおいしさの関連性の解明(24年度終了)

2014年01月22日 | コンテンツ番号 4557

研究期間

平成22年度

研究目的

同一環境で飼育したブロイラーと比内地鶏の肉質を比較した結果、必須長鎖高度不飽和脂肪酸であるアラキドン酸含量が比内地鶏で有意に高かったことから、鶏肉のおいしさとアラキドン酸の関連性が示唆された。そこで、鶏への長鎖高度不飽和脂肪酸給与が鶏肉のおいしさへ及ぼす影響を明らかにする。

試験内容

  1. 比内地鶏への長鎖高度不飽和脂肪酸給与が肉質へ及ぼす影響
  2. ブロイラーへの長鎖高度不飽和脂肪酸給与が肉質へ及ぼす影響