PA(プロジェクトアドベンチャー)のご紹介

2016年03月31日 | コンテンツ番号 4451

プロジェクトアドベンチャー(PA)とは?  

 プロジェクトアドベンチャーとは,冒険を活動の柱にして,個人の成長とグループ内の人間関係づくりを支援する,アメリカが発祥の教育手法です。
 全人的な人間教育を目指し,現在ではアメリカを中心にして,世界各地にプロジェクトアドベンチャーの普及を目指した教育団体があります。

PAはどのように活用されているの?

 学習指導要領でねらう「豊かな心」の育成に適した活動です。課題に対して仲間とのコミニュケーションをとりながら解決していきます。学級開きの際に活用する学校や,定期的にPAを実施している学校もあります。チームワークを良くするために,サッカーのJリーグや企業が研修として実施している場面をテレビなどでご覧になった方もいるのではないでしょうか。

PAの導入  

 秋田県教育委員会ではPAプログラムを学校教育や社会教育の現場に活用し,児童生徒,青少年団体等に利用してもらうために,県内の3つの少年自然の家を中心に用具設備(エレメント)を設置しています。

わんパーク大館で体験できるPAについてはPDFファイルをダウンロードしてご覧ください。