宮城県女川町の児童が仙北市を訪問し,スポーツ交流を行いました!

2017年01月17日 | コンテンツ番号 19176

 平成23年の東日本大震災の際、受け入れがきっかけとなって始まった交流は、今年で5年目を迎えました。宮城県女川地区の子どもたち10名を受け入れ、海辺の子どもたちが農山村の生活にふれ、地域住民、子どもたちとスポーツや自然体験を通して交流を深めました。

  • 実  施  日:平成28年8月5日(金)~7日(日)
  • 活動場所:仙北市内(乳頭温泉郷、市内農家民宿、田沢湖キャンプ場、神代小学校等)
  • 参加児童:仙北市内(白岩、神代)ミニバスケットチーム 37名   宮城県女川小学校 10名                                                  

日  程

 

日程表
期 間 活動内容

8月5日(金)

  • 自然体験(ブナ森ハイキング) 
  • 農家民宿に宿泊(郷土料理づくり体験)

8月6日(土)

  • 地元ミニバスチームとスポーツ交流
  • ホテル宿泊(田沢湖高原地区)

8月7日(日)

  • 田沢湖でのカヌー体験(神代ミニバスケットボールチームとの交流)
  • 解散式

ダウンロード

仙北市-女川町交流.pdf