[WebTVあきた]
あきたの森とみらいの話

PR動画「あきたの森とみらいの話」のサムネイル 外部サイトに移動します

日本では2050年までに「カーボンニュートラル」を達成する目標が立てられており、 二酸化炭素を吸収する機能を有する"森林"が注目されています。
秋田県は二酸化炭素を吸収する森林資源が豊富にありますが、二酸化炭素を吸収する機能を 維持・増加させるためには森林を若返らせる「再造林」と「木材利用」が重要です。
「森林の循環」と「木材利用」により、秋田の森林がカーボンニュートラルの実現に向けて貢献していきます。
将来にわたって貢献度を高め、私たちの未来を明るくするためにも、林業の重要性が高まっています。
そして、私たちも日々の暮らしの中で温室効果ガス削減の努力を続けることが重要です。

ジャンル:各種PR映像