県民の声
新スタジアム建設について

回答日:

担当部局:観光文化スポーツ部

県民の声

受付日2021/7/9
受付番号138
広聴形態知事への手紙
提案区分提言・要望
本文  私は秋田が好きで、神奈川から移住してきた身です。こんなに素敵な秋田なのに、今回ばかりは、黙っていられずお手紙を送ります。
 ブラウブリッツ秋田が「優先」して使える新スタジアムの建設についてです。地域サッカーだったのがJ2というカテゴリに上がり、J1という最上位カテゴリへ上がった選手もいます。また、トップチームを追うようにU18、U12など未来のJリーガーが全国優勝するなど頑張っています。
 そんな中、新スタジアムの話をどうして延期にしてしまうのか。皆さん口を揃えていうのが「トイレ」です。不衛生で数も少ない和式トイレしかありません。トイレが嫌だからもう行きたくないという話も聞きます。アウェイサポーターもトイレがと言って、噂が広がりコロナが落ち着いても秋田県に来てくれないことが大いに考えられます。
 トイレだけ変えればというふうにお考えになるかと思いますが、違います。新スタジアムを見に秋田から、近郊から、関西から沢山の人がきてくれるはずです。こんなスタジアムがあって、美味しい食べ物や景色も素晴らしい秋田県にまた来ようってどうして思わせようとしてくれないのでしょうか。
 コロナ禍の今だからこそ建設をし、収束の目処が立った時に沢山の人がきてくれる。現に他で新スタジアム建設中のところはすでに大注目されていますよ。建設費だって、クラブがクラウドファンディング募ればたくさんのサポーターが寄付します。私たちもその覚悟でサポーターやっています。
 あくまでも「専用」でなく「優先」です。ブラウブリッツ秋田の練習・試合以外にも使い道はいくらでもあります。複合施設にして、落ち込んでいる飲食業・店の誘致を促し賑やかにすればいいです。
 ブラウブリッツ秋田単体で使うわけではありません。未来のJリーガーのモチベーションの為・秋田県へ足を運んでくれる人を今からでも確保するような積極的で前向きなお考えをどうかよろしくお願いします。
 今から建設したって、スタジアム完成する頃にはワクチン効果でコロナも絶対落ち着いています。「先を見据え、観光誘致のためにも今から建設を」とどうか堂々と仰ってください。
 人口減少に歯止めがかからない秋田を新スタジアム建設で救ってください。みんなが前を向けるような、素敵な発表を「期待」しています。

県からの回答

処理区分調査・検討中
本文  プロスポーツチームの活躍は、競技人口の増加や競技力向上といったスポーツ振興への貢献に加え、県民の一体感の醸成や交流人口の拡大、にぎわいの創出といった効果が期待できると考えております。
 新スタジアムの整備については、ブラウブリッツ秋田の活躍を期待する県民やサポーターの声に応えるとともに、県内にはJリーグのライセンス基準を満たす本格的な球技場がないという現状を踏まえ、整備を進めたいという思いを持ちながら、これまで秋田市をはじめ、関係者と議論を進めてきたところです。
 しかしながら、県、秋田市共に、コロナ禍により一層厳しさを増す財政状況の中、資材や労務賃金の大幅な上昇により、これまで想定した約100億円を超えるものと見込まれる建設費の財源確保や、完成後の維持管理のあり方など、整備に向けては解決すべき多くの課題があります。
 加えて、新型コロナウイルス感染症の収束の見通しは立っておらず、その影響により経済的な不安を抱える方も少なくない中、多額の財政支出には県民の理解を得ることは難しいと考えております。
 こうした状況の中、現在、秋田市において、外旭川地区を候補地として具体的な場所の検討を進めながら、新スタジアム整備の実現に向け努力しているところであり、早期の整備に向け、県としましても引き続き協力していきたいと考えておりますので、ご理解いただきますようお願いいたします。

事項名:スポーツ振興