県民の声
冬の体験型観光について

回答日:

担当部局:観光文化スポーツ部

県民の声

受付日2017/4/20
受付番号294011
広聴形態知事への手紙
提案区分無し
本文  他県では、台湾の人たちに雪遊びをしてもらうツァーが大変人気だという記事を(読売新聞、3月?)見ました。今は体験型の観光が人気のようですし、秋田県でもそういうことができたらいいと思います。南国の人ならそり遊びや雪だるま作りを一度してみたいとあこがれを持つでしょう。
 スキーはハードルが高いですが、雪遊びなら誰でもできます。人工的なテーマパークなどより自然の中でそうして遊べるのは魅力ですし、台湾のみならず国内でも雪の積もらない地方の、特に子供たちにはそうした経験をさせてあげたいなと思います。冬場の温泉施設、6次産業
 おみやげ
 などにも好影響になります。
 別の日の記事で東大の先生が「地方活性化には企業誘致や道路建設ではだめだ。今ある自然や農業を生かすことだ。」と書いていたことも忘れられません。
 観光業界と協議してみてはいかがでしょうか。

県からの回答

処理区分調査・検討中
本文  台湾に限らず、タイなどから本県を訪れる方々は、雪を見た瞬間から歓声をあげ、笑顔になります。雪国の本県にとってはごく当たり前の光景であり、時にはやっかいもの扱いされる雪でも、雪の降らない国や地域の方々にとっては、雪を見ることや雪に触れることだけでも大変新鮮な体験になると考えています。
 このため、県では『日本三大樹氷』と言われる森吉山の樹氷鑑賞と、秋田内陸縦貫鉄道の乗車を組み合わせた誰にでも手軽に体験できる冬季の体験型観光を、日本人のみならず外国人の方々にもアピールし、好評をいただいております。
 また、湯沢市の犬っこまつりや横手市のかまくらをはじめ、他県に比べてたくさんあると言われている小正月シーズンの冬まつりなど、秋田独自の冬の伝統行事や生活体験を海外に発信し、本県への誘客につなげたいと思っております。
 ご提案のありました雪遊びのできるツアーなどにつきましても、どのようなことが可能なのか旅行会社等と協議してまいりたいと思います。

事項名:観光振興