県民の声
秋田県観光大使について

回答日:

担当部局:観光文化スポーツ部

県民の声

受付日2018/11/5
受付番号304035
広聴形態知事への手紙
提案区分提言・要望
本文  我らが県の観光大使に、生まれも育ちも秋田県のお笑いコンビ「ねじ」はいかがでしょうか。
 秋田弁の漫才やコントで、しっかりと故郷のPRを頑張ってくれています。知名度はまだまだですが、将来の可能性を十分に秘めていると感じます。がい旋ライブやロケ等で帰省の際は、一緒に食事や連絡を取り合う間柄(金農卒業生)なのですが、秋田を思う気持ちは本物だと、その度感じます。
 そのような彼らに、大役とは十分に承知していますが、是非、是非、観光大使をやらせていただけないでしょうか。これから、まだまだ発展する可能性を秘めている秋田で、同じく発展途上の「ねじ」と、秋田生まれ、秋田育ち、秋田在住の我々が、共に成長していく未来を見て、感じて、共有していきたいと願います。
 なにとぞ御検討のほど、お願いします。

県からの回答

処理区分その他
本文  お笑い芸人「ねじ」のお二人には、漫才の中で秋田弁を取り上げるなど、様々な機会を捉えて秋田をPRしていただき、大変感謝しています。
 県では、イメージアップやPR事業の展開に応じて「大使」を委嘱しており、「あきた美の国大使」の加藤夏希さん・佐々木希さん、「あきた音楽大使」の高橋優さん、「秋田お笑い大使」の桂三若さんなど、マスメディアに対し一定の発信力のある県ゆかりの方々に活躍いただいています。
 また、大使以外の県ゆかりの方々にも、県制作のPR動画やテレビ番組に出演していただくなど、本県のイメージアップや観光振興などに御協力いただいており、「ねじ」のお二人にも、昨年度、県主催のイベントで漫才を御披露いただくとともに、その模様を県公式SNSアカウント「あきたびじょんLive!」で生配信させていただくなど、秋田のPRに御協力いただきました。
 これからも「ねじ」のお二人をはじめ、秋田ゆかりの方々とともに、映像やSNSなどを通じて秋田の魅力を発信し、イメージアップを図ってまいりたいと考えております。

事項名:観光振興