令和2年度企業版ふるさと納税の対象事業について(地域を支える「関係人口」創出・拡大事業)

2020年09月14日 | コンテンツ番号 49102

 県では、地方創生の推進に当たり、県民・県内企業のみならず、県外企業にも「秋田の応援団」として、御支援をいただきたく、「企業版ふるさと納税」を活用した事業を実施しています。

 令和2年3月31日に国から地域再生計画と認定された「秋田県まち・ひと・しごと創生推進計画」に基づき、「企業版ふるさと納税」を活用して、以下の事業を実施します。

 これらの事業について、御寄附を募集しておりますので、御関心がありましたら、遠慮なくお問い合わせください。

地域を支える「関係人口」創出・拡大事業

  [143KB]  [105KB]

事業期間

 令和2年度~

事業内容

 県外に居住しながらも、特定の地域に継続的な形で関わる「関係人口」を創出するとともに、地域内で不足する企画力・実行力を「関係人口」により補うための体制づくりや、「関係人口」を生かした地域づくりをサポートする中間支援団体等の育成を図り、人口減少・高齢化が進む秋田県における接続可能な地域社会の形成に向けた新たな体制を構築する。

 ※詳細は、地域づくり推進課「「関係人口会議」実践プログラムについて」のページを御覧ください。

寄附の申し出をいただいた企業(五十音順) (※書面手続完了企業)

 ロゴマーク 企業情報 企業紹介
 [38KB]

株式会社アルビオン
代表取締役社長 小林 章一

本社所在地 〒104-0061 東京都中央区銀座1-7-10
本県支社等 [白神研究所]
〒018-3205 秋田県山本郡藤里町粕毛字米田51−2

 当社は、創業以来、高級化粧品メーカーとして常にお客様に感動を与えられる商品の開発に取り組んでおります。
 現在、その商品開発の一環として白神山地の麓にある秋田県藤里町にてアルビオン白神研究所を運営、社員自らが現地での植物研究と栽培を行い高付加価値な化粧品原料の開発を行っております。
 既に研究所で栽培した植物を化粧品原料として自社商品に配合することに成功しており、今後ますますの研究推進を計画しております。