平成30年度「成瀬ダム特別見学会」が開催されました

2018年07月02日 | コンテンツ番号 35597

 平成30年6月10日(日)、一般の方(個人)を対象とする成瀬ダム特別見学会が東成瀬村で開催されました。
 この見学会は、国土交通省 東北地方整備局 成瀬ダム工事事務所が実施したもので、午前と午後の計2回、県内外から合計79名が参加しました。
 成瀬ダムでは、付替国道2号トンネルの掘削や工事用道路工事などを行っています。平成29年度からはダム本体関連工事として、ダムの天端(ダムの一番高い部分)以上の掘削工事を実施しており、平成30年度はダム本体建設工事が本格化していきます。
 ダム工事現場は今しか見ることができない上、ダム展望台も完成時には水面下になるとのことで、参加者の皆さんはこの景色を目に焼き付けている様子でした。

【成瀬ダム展望台】
成瀬ダム展望台の写真 成瀬ダム紹介パネルの写真

【成瀬ダム工事現場】
成瀬ダム工事現場の写真 大型トラック乗車体験の写真

【転流工と集合写真】
転流工の写真 集合写真

 成瀬ダム工事事務所では、各種団体等を対象として現場見学会の受け入れも行っています。 現場見学会については、事務所の職員が同行し、現地での説明をしていただけるようです。
 また、8月末には第2回目の特別見学会が予定されており、成瀬ダム初開催となる夜間の現場見学(ナイトツアー)を計画しているとのことです。

 詳しくは成瀬ダム工事事務所ホームページをご覧ください。