平成29年度「元気なふるさと鹿角・小坂 いきいき地域づくり活動表彰」表彰式を開催しました!

2018年01月24日 | コンテンツ番号 31135

 鹿角地域振興局では、平成19年度から「元気なふるさと鹿角・小坂 いきいき地域づくり活動表彰」事業を実施しています。

 この事業は、鹿角市及び小坂町において、地域の身近な課題解決や特色ある地域づくりのため、自立的・主体的な活動に取り組まれている方たちを表彰するものです。

 平成28年度までに43の個人及び団体を表彰しており、今年度は新たに4団体を表彰しました。

※過年度の表彰団体・個人については、こちらのページをご覧ください。

 平成30年1月17日に開催した表彰式の様子をご紹介します。

 

H29表彰式集合写真 [126KB]

【表彰者一覧】

◆花輪ばやし若者頭協議会

◆おはなしぼっくす

◆小坂町立小坂小学校・小坂中学校

◆手づくり工房&カフェ 花いちもんめ

 

【表彰の様子と活動内容の紹介】

◆花輪ばやし若者頭協議会(会長 佐藤圭太様)

花輪ばやし若者頭協議会 [120KB]

 「花輪ばやし若者頭協議会」は、少子高齢化の影響により、祭りに参加する若者や子どもが減少していることから、参加者を増やそうと平成26年から「後継者育成事業」に取り組んでいます。

 主な活動として、花輪地区内外の学校等での「出前授業」と、イベントやフェイスブックを通じたPR活動を行っており、活動を通じて後継者の確保と魅力発信を行っています。

 また、地域の方から、「祭りに参加したいがどうしたらよいか分からない」という声があったのをきっかけに、祭りに参加する方の窓口づくりに取り組み、昨年は参加対象を大人まで広げたことで参加者増につなげました。

 後継者不足がまだまだ課題なので、一人でも多く祭りに興味を持ってもらい、参加してもらえるような活動を今後も続けていきたいとのことです。

 

◆おはなしぼっくす(代表 佐藤明子様)

おはなしぼっくす [136KB]

 「おはなしぼっくす」は、小坂小学校から読み聞かせボランティアの依頼があったことをきっかけに、平成18年から10年以上に渡り、小坂町を中心に読み聞かせの活動を続けています。

 会の強みは、会員が20代~70代の幅広い年齢層で、職種も様々であり、それぞれの得意分野を生かして、色々な本の紹介や読みかせができることだそうです。

 主に、町の図書館の本を活用し、小中学校での定期的な読み聞かせや、長期休暇の子ども向けの読み聞かせの活動を行っておりますが、大人向けの読み聞かせも行う等、幅広い世代に本の楽しさを伝えています。

 今後も、読み聞かせを通して多くの人達に本の楽しさを伝えるとともに、いろいろな所へ出向き、季節の歌、工作、手あそびも取り入れながら、地域の子どもと大人の世代間の交流も図っていきたいとのことです。


◆小坂町立小坂小学校・小坂中学校(校長 和田渉様)

小坂小中学校 [138KB]

 「小坂町立小坂小学校・小坂中学校」は、小坂町における人口減少に伴う様々な問題を解決するため、生徒が自分たちにできることを考えたことをきっかけとして、「小坂町活性化アクションプロジェクト(KKAP)」を立ち上げ、平成29年度からこのプロジェクトに基づく地域貢献活動を本格的に開始しました。

 主な活動として、小学6年生が小坂町の観光パンフレットを作成し、修学旅行先の函館市や本場大館きりたんぽまつりで配布したり、中学3年生が「坂中議会」という模擬議会を開催し、町当局へ提言する等、地域の一員として、地域のために活動しています。

 今後も、生徒が地域の方と交流を深めたり、学びを地域に発信したりする「つながり・かかわり」という双方向を重視した活動を行い、地域を元気にしていきたいとのことです。

 

◆手づくり工房&カフェ 花いちもんめ(代表 杉原ケイ子様)

花いちもんめ[128KB]

 「手づくり工房&カフェ 花いちもんめ」は、手作り講座で出会った者同士で手作りへの思いを実現するため、平成25年に、カフェと手芸品や民芸品を販売するお店を小坂町にオープンしました。

 お店では会員が手づくりした手芸品等を販売したり、来訪者の要望を聞いて手作り教室を開いたりする等、地域の方の生きがいづくりに貢献している他、「おはなしぼっくす」と共同でおはなし会を開催する等、お店を活用した活動も行っています。

 活動を通じて、地域の方の居場所や多世代交流の場をつくり出し、地域貢献の一端を担うとともに、観光で町を訪れる人が一息つける場所をつくっていきたいとのことです。