本年度のアユ稚魚出荷始まる

2018年01月09日 | コンテンツ番号 30877

 平成30年1月5日、水産振興センターで生産しているアユ稚魚のうち、約20万尾を初出荷しました。
 全長約5cmに成長した稚魚は、北秋田市米内沢のアユ養殖業者へ運ばれ、さらに育成が続けられ、6月までかけて8~10cmに育てられます。
 その後、県内外の河川に放流され、釣り人の皆さんを楽しませたり、私たちの食卓を賑わせてくれることとなります。
   水産振興センターでは引き続き出荷作業を進め、1月中に全部で約110万尾を県内の養殖業者の方々へ引き渡す予定です。
出荷準備開始 [62KB]
 稚魚は屋外で待ち受けて取り上げます[54KB]
稚魚は屋外で待ち受けて取り上げます
屋内の飼育水槽で出荷準備開始
 活きのいい稚魚です[46KB]
活きのいい稚魚です  
バケツリレーで移動用水槽へ [51KB]

 

 

 北秋田市へ出発[47KB]

バケツリレーで移動用水槽へ
 
  北秋田市へ出発!大きくなれ~