[2015年2月8日 更新]

介護職員初任者研修について

 介護に携わる職員が介護業務を行う上で必要とされる最低限の知識や技術、それを実践する際の考え方のプロセス等を
身につけさせることを目的として、これまでの「介護職員基礎研修」と「介護員養成研修1級課程、2級課程、3級課程」
が一元化され、平成25年4月1日以降に開講される研修は『介護職員初任者研修』として行われています。
 初任者研修の実施予定(届出済のもの)については、ダウンロードファイルを御参照ください。

 これまでの研修内容との主な違いは次のとおりです。
  1.各研修課程で違いのあった総研修時間の基準が、『130時間(以上)』に統一されました。
  2.講義、演習、実習で構成されていましたが、『講義、演習が中心(実習を取り入れることも可)』となりました。
  3.『技術的な評価と知識的な評価(筆記試験)』が行われることになりました。


 なお、次の項目に該当する方は、介護職員初任者研修を修了したものとみなされます。
  1.既に「介護職員基礎研修」または「介護員養成研修1級課程、2級課程」(3級課程は除かれます)の修了
   証明書の交付を受けた方
  2.平成25年3月31日以前に開講した同研修を受講し、平成25年4月1日以降に修了証明書が交付された方
  3.保健師、看護師、准看護師の資格をお持の方で、介護職員として就労(しようと)する方
   (3に該当する方で、初任者研修修了のみなし証明書の交付を希望される場合は、こちらのページへ)
  4.介護職員実務者研修修了者の方
  5.「指定居宅介護等の提供に当たる者として厚生労働大臣が定めるもの」第2号に掲げられている研修のうち、
   1級課程または2級課程を修了した旨の証明書の交付を受けた方


 本研修に関する要綱、申請書等の関係様式については、ダウンロードファイルを御参照ください。

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ

健康福祉部 長寿社会課
TEL:018-860-1361   FAX:018-860-3867   E-mail:chouju@pref.akita.lg.jp

このページを紹介する