[2016年4月28日 更新]

岩手県野田村の可燃物受入後の放射能モニタリング結果

 岩手県野田村の可燃物については、秋田市、横手市、由利本荘市及び湯沢雄勝広域市町村圏組合の各施設において、平成24年9月から受け入れを開始し、平成25年3月までに約7,400トン(試験処理分約300トン)を処理して受け入れを終了しました。
 県では、受入期間中、空間放射線量率や放射性セシウム濃度を測定し、各処理施設における空間放射線量率が通常レベルの範囲内であること、また、放射性セシウム濃度の値がそれぞれの測定対象における基準値や目安値を十分下回っていることなどを確認していますが、受入終了後も、当面の間、以下のとおり各施設におけるモニタリングを行っていきます。

   なお、最新の測定結果については、次のファイルを参考にしてください。

 

 ○ 秋田市の処理施設での放射能測定内容

 測定場所
 
測定対象 
 
測定方法 
 
   測定頻度
 平成25年4~6月 平成25年7~12月  平成26年1月~平成28年3月  平成28年4月~
秋田市総合環境センター  敷地境界 空間放射線量率   月1回 3ヶ月に1回  6ヶ月に1回  年1回
 地下水・放流水  放射性セシウム  月1回 3ヶ月に1回 6ヶ月に1回  年1回
 構内土壌  放射性セシウム    平成25年5月(1回のみ)
※秋田市での受入れは、平成25年3月19日(火)で終了しました。

○ 横手市の処理施設での放射能測定内容

測定場所 測定対象 測定方法 測定頻度
平成25年4~6月 平成25年7~12月 平成26年1月~平成28年3月 平成28年4月~
焼却施設
(横手市東部環境保全センター)
周辺土壌 放射性セシウム 平成25年5月(1回のみ)
埋立処分場
(南東地区最終処分場)
敷地境界 空間放射線量率 月1回 3ヶ月に1回  6ヶ月に1回 年1回
地下水・放流水
・排水汚泥
放射性セシウム 月1回 3ヶ月に1回  6ヶ月に1回 年1回
構内土壌 放射性セシウム 平成25年5月(1回のみ)
※横手市での受入れは、平成25年3月19日(火)で終了しました。

○ 湯沢雄勝広域市町村圏組合の処理施設での放射能測定内容
測定場所 測定対象 測定方法 測定頻度
平成25年4~6月 平成25年7~12月 平成26年1月~平成28年3月 平成28年4月~
焼却施設
(貝沢ごみ処理施設)
周辺土壌 放射性セシウム 平成25年5月(1回のみ)
埋立処分場
(八面最終処分場)
敷地境界 空間放射線量率 月1回 3ヶ月に1回 6ヶ月に1回 年1回
地下水・放流水
・排水汚泥
放射性セシウム 月1回 3ヶ月に1回 6ヶ月に1回 年1回
構内土壌 放射性セシウム 平成25年5月(1回のみ)
皆瀬川(上流、下流) 河川水 放射性セシウム 平成25年5月(1回のみ)
※湯沢雄勝広域市町村圏組合での受入れは、平成25年3月19日(火)で終了しました。

○ 由利本荘市の処理施設での放射能測定内容
測定場所 測定対象 測定方法 測定頻度
平成25年4~6月 平成25年7~12月 平成26年1月~平成28年3月 平成28年4月~
焼却施設
(本荘清掃センター)
周辺土壌 放射性セシウム 平成25年5月(1回のみ)

埋立処分場
(広域市町村圏組合埋立
最終処分場)
(矢島鳥海一般廃棄物
最終処分場)

敷地境界 空間放射線量率 月1回 3ヶ月に1回 6ヶ月に1回 年1回
地下水・放流水
・排水汚泥
放射性セシウム 月1回 3ヶ月に1回 6ヶ月に1回 年1回
構内土壌 放射性セシウム 平成25年5月(1回のみ)
長者川、鶯川(上流、下流) 河川水 放射性セシウム 平成25年5月(1回のみ)
 ※由利本荘市での受入れは、平成24年10月31日(水)で終了しました。

 
 リンク


○ 秋田市総合環境センターのホームページ 
○ 横手市のホームページ
○ 湯沢雄勝広域市町村圏組合のホームページ
○ 由利本荘市のホームページ

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ

生活環境部 環境整備課
TEL:018-860-1622   FAX:018-860-3835   E-mail:recycle@pref.akita.lg.jp

このページを紹介する