平成25年度における岩手県の災害廃棄物の受入れについて

2013年12月27日 | コンテンツ番号 7131

岩手県野田村の不燃系混合物について、県環境保全センター及び仙北市の施設において4月22日(月)から受入れを開始します。 

また、秋田市などが受け入れていた野田村の可燃系混合物については、今後、岩手県内の施設での処理が可能との連絡が同県からあり、本県での受入れは終了しました。

1 県環境保全センターでの野田村の不燃系混合物の受入開始について

秋田県環境保全センター(大仙市協和上淀川字雨池沢)での受入れを4月22日(月)から開始しますが、同日の日程等は次のとおりです。

  1. 搬出場所 岩手県野田村米田二次仮置場
  2. 積込開始 7時40分から
  3. 現地出発 8時20分から10時45分の間を予定
  4. 使用車両
    • 10トン深ダンプ車等(積載重量約10トン)8台
    • 10トン普通ダンプ(積載重量約6トン)12台
  5. 運搬量 約150トン/日
  6. 到着見込 14時頃から16時15分頃まで
  7. 運搬経路 「別紙1 運搬経路」のとおり
  8. 受入期間 平成25年4月22日から同年9月4日まで(予定)
  9. 受入総量 12,800トン(予定)
  10. その他 4月8日(月)に行った事前調査結果については「別紙2」のとおり

搬出・搬入等に係る取材について

岩手県野田村の仮置場または県環境保全センターでの取材は、4月19日(金)正午までに環境整備課(TEL018-860-1624)へお申し込みください。

2 仙北市での野田村の不燃系混合物の受入再開について

1月から3月までの冬季間は受入れを休止していましたが、4月22日(月)から受入れを再開し、12月までに約4,000トンを処理する予定です。
※仙北市では、平成24年12月に約490トンを埋立処分しました。

3 野田村及び久慈市の可燃系混合物について

当初の推計より数量が減少し、今後は岩手県内の施設で処理可能であることから、秋田県での広域処理を要しない旨、岩手県から連絡(別紙3)があり、本県での受入れは終了しました。

※秋田市、横手市、由利本荘市及び湯沢雄勝広域市町村圏組合では、平成24年9月から野田村の可燃系混合物を受け入れ、要請量14,800トンに対し、3月までに約7,400トン(試験処理分を含む)を焼却処理しました。なお、この要請量には、久慈市の可燃系混合物3,000トン分(実際は要請なし)も含まれていました。

ダウンロード