総合食品研究センター中長期計画の見直しについて

2016年01月06日 | コンテンツ番号 5136

 総合食品研究センターでは「ふるさと秋田元気創造プラン」に掲げる「戦略的展開による食品産業の振興」を図るため、センターのあるべき姿を確認しながら、今後の研究開発および技術支援の方向性を示す中長期計画(平成23年~32年)を平成23年3月に策定しております。

 このたび、「第2期ふるさと秋田元気創造プラン」の基本方針として「付加価値と生産性の向上による県外への売り込みの強化」が掲げられ、観光・交通戦略の中で戦術として「秋田の食の魅力の磨き上げと県外への販路拡大」が明示されました。これらを受け、センターでは、中長期計画全般についての見直し作業および中期計画部分にあたる平成26年~29年について実施計画レベルでの内容を検討し、平成26年3月に見直し版を確定しました。