栽培漁業施設のリニューアル工事-2

2017年09月13日 | コンテンツ番号 28533

  水産振興センターの栽培漁業施設のリニューアルに伴い、放流用のヒラメの稚魚やアワビの稚貝を作ってきた“巡流水槽棟”の解体工事が終わり、“生産棟”の建設工事が始まりました。
  これまでに地盤の改良工事を行い、現在は建物の基礎工事に入っています。来年3月にはトラフグやアユの種苗を生産する施設が完成する予定です。
 [124KB]  [144KB]
工事の様子(奥が3月に完成した“親魚棟”)  
   
 [31KB]