秋田産業サポータークラブ

2017年08月18日 | コンテンツ番号 2404

秋田産業サポータークラブとは

首都圏などにおいて、産業界等の責任のある立場で活躍されている秋田県ゆかりの方々のなかで、秋田を愛し、秋田の将来に深い関心をもち、秋田の発展に貢献したいと考えられている方々に入会いただき、秋田県の産業全般に関する御意見や情報をいただく等、今後の産業施策の推進に役立てていくことを目的としています。

当クラブは、産業界においてリーダー的な存在であり影響力を有する方や、産業界の最前線で活躍されている方などで構成されています。

どのような活動をしているか

総会

東京都内で年2回開催しており、講話や活動報告、県との意見交換などを行っています。

第23回総会は、次のとおり開催されました。

〇日   時 平成29年7月21日(金) 18時~19時30分

〇場   所 アルカディア市ヶ谷(東京都九段北)

〇参 加 人 数 63名(県職員含む)

〇内   容 

(1)秋田産業サポータークラブ設置要領及び運営規約の改正について(報告)

   主な改正点:副会長及び顧問の設置

(2)副会長の選任について 

   今総会で、新谷和弘氏【(株)プロファーム】が選任されました。

(3)幹事の選任について

   今総会で、喜藤憲一氏【(株ケイ・イノベーション】、佐々木常夫氏【(株)佐々木常夫マネージメント・リサーチ】、菅原瑞穂氏【(株)プリメイト】の3名が選任されました。

(4)代表幹事について(報告)

   5月26日の幹事会で、鯨岡修氏【(株)日経メディカル開発】を選任したことが報告されました。

(5)平成28年度のWG活動実績及び平成29年度のWG活動計画について(報告)

   報告内容については、以下のファイルよりご覧になれます。

   各WG活動(自主的活動)にご興味のある方は、ぜひ参加してみてください。

   ・平成28年度のWG活動実績及び平成29年度のWG活動計画[96KB]

(6)平成28年度秋田サポートプロジェクト提言書について(報告)

   平成28年度の秋田サポートプロジェクト会議は、「秋田の活性化に向けた産業人材の確保・育成」をテーマに計7回開催され、今回の提言に向けて、様々な議論を重ねてきました。

   今総会では、喜藤憲一氏(平成28年度秋田サポートプロジェクトリーダー)より、「秋田県出身の業界専門家の活用」、「小中学生を対象にした未来産業人材の育成」、「ICT関係者の交流拠点の創出」などについて、提言が行われました。

(7)講 演

   秋田大学山本文雄学長が、秋田大学の医理工連携構想について講演し、自身の専門となる心臓外科手術を例に取って医理工連携について話されたほか、秋田大学、東京工業大学、秋田県医師会との三者連携による「長寿・健康研究教育拠点に係る構想」について述べられました。

(8)意見交換ほか

〇総会の様子

藤盛会長挨拶 [64KB]
藤盛会長挨拶
秋田大学山本学長講話 [92KB]
秋田大学山本学長講話
総会の様子 [155KB]
総会の様子
懇談会 [132KB]
懇談会の様子

 

〇そ の 他

「秋田産業サポータークラブ発足10年の歩み」は、以下のPDFデータでご覧になれます。

秋田産業サポータークラブ_発足10年の歩み.pdf

 

ワーキンググループ活動  

クラブ内には、自主的なボランティア活動であるワーキンググループが複数立ち上がっており、東京都内で会議を開催し、意見交換等を行っているほか、実際に秋田県内の現場を調査し、実態把握を行いながら、秋田の産業活性化に向けた具体的な支援活動等を実施いただいております。

現在活動中のワーキンググループ(WG)

1.企業振興育成WG

首都圏企業との受発注拡大や共同研究による新製品開発、新規産業育成等による県内企業、県内産業の振興を図っています。

2.夢づくりWG

秋田の歴史、文化など豊かな資源を活かし、 文化・教育・観光などを軸とした新しい事業分野の開拓や若い経営者などと連携し、若者が力を発揮できる環境作りを支援します。

3.地域連携観光振興WG

県内に埋もれている歴史や歴史的建造物を掘り起こし、保存・再生を図るとともに、ビジネス活用により地域再生を図っています。

4.北東北歴史懇話会

首都圏在住の方々に北東北の歴史を紹介し、北東北への観光誘客などを図っています。        

5.秋田の地球熱利用・地域振興WG

地熱や温泉水など国産の再生可能エネルギーである地球熱の有効な利用方法等について検討しています。 

6.秋田杉活用と地域活性化WG

環境性・安全性をテーマとした中層木造校舎への秋田杉の活用、秋田にある放置空家の再活用などを検討しています。

7.食と美と健康WG   

秋田ならではの資源である、食・温泉・自然・文化・伝統などをもとに、「美と健康」関連ビジネスの創出を検討しています。

秋田サポートプロジェクト  

会員の自主的なボランティア活動である従来のワーキンググループとは別に、産業振興や企業誘致など県の産業施策に関わりの深いテーマについて、会員と県が共に取り組むプロジェクトです。

  • 22年度テーマ 秋田への企業立地を進めるためには
  • 23年度テーマ 「食・農・観」の連携支援と売り込みについて
  • 25年度テーマ 情報関連産業の振興による秋田の活性化   
  • 28年度テーマ 秋田の活性化に向けた産業人材の確保・育成

会員

会長

藤盛 紀明 氏(NPO 国際建設技術情報研究所)

副会長

新谷 和弘 氏(株式会社 プロファーム)

代表幹事

鯨岡 修  氏(日経メディカル開発)

幹事

50音順

  • 喜藤 憲一 氏(株式会社ケイ・イノベーション)
  • 佐々木 常夫氏(株式会社佐々木常夫マネージメント・リサーチ)
  • 菅原 瑞穂 氏(株式会社プリメイト)
  • 田村 八洲夫氏(川崎地質 株式会社)
  • 千葉 良子 氏(日本薬科大学)
  • 中塩  弘 氏(DOWAホールディングス 株式会社)
  • 長谷川 清 氏(DNG GL ビジネス・アシュアランス・ジャパン株式会社)
  • 三浦 寛剛 氏(株式会社 秋田銀行)
  • 光藤 昭男 氏(NPO法人 プロジェクトマネジメント協会)
  • 翠川 真衣 氏(株式会社わらび座)
  • 最上 公彦 氏(建設安全性評価コンサルト)
  • 横山 裕司 氏(株式会社交通新聞社)

ダウンロード

リンク