新型コロナウイルス感染症に罹患された皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。

1 自宅療養について

自宅療養になる場合の注意事項はこちらをご覧ください。

 2 宿泊療養について(令和5年9月8日(金)運営終了しました。)

  65歳以上で、自宅療養が難しく、健康管理上医師が宿泊療養が必要と認めた方については入所することができます。宿泊療養施設には看護師が常駐しています。また医師が24時間オンコールで対応する体制を整備しています。宿泊施設への入所をご希望の場合は、かかりつけ医や受診先の医師が認めた場合に、WEBで申込できます。(WEBでの申込が難しい方は、新型コロナウイルス感染症総合案内窓口までお電話ください。)

※食事代等、一部自己負担があります。

9月2日(土)に発症された方までが入所できます。

宿泊療養施設を利用する方へ(ご案内)

1 療養施設でのルール

  1. 客室で過ごします。廊下への出入りは極力控えてください。
  2. 看護師が常駐し、1日3回、健康状態を確認します。
  3. 「外出・面会」、「飲酒・喫煙」はできません。
  4. 療養期間の途中で、自宅療養に切り替えることは基本的にできません。

2 療養期間の終了

  1. 有症状の方
    ・発症日から5日間経過し、かつ、症状軽快後24時間経過した場合
  2. 無症状の方
    ・検体採取日から5日間経過した場合

3 宿泊中のサービス

  1. スリッパ、マスク、ボディソープ、シャンプー、電気ポット、ドライヤー、体温計、パルスオキシメータ を用意しています。
  2. 食事は弁当を用意します。食物アレルギーは事前にお知らせください。
  3. スタッフによる日用品の買い物代行サービスがあります。
  4. Wi-Fiを利用できます。
  5. 共用の洗濯機(洗剤あり)を利用できます。衣類の乾燥は自室でお願いします。

4 持参が必要なもの

 健康保険証、スマホ(携帯電話)、着替え、タオル、バスタオル、歯ブラシ、歯磨き粉、お薬(日頃飲んでいる薬、処方された薬)お薬手帳(持っている人)

 ※弁当の配布時など、他の宿泊者と顔を合わせる場合がありますので、気になる方については、帽子やサングラス等を持参ください。

5 その他

  1. 宿泊当日の午前9時以降に、宿泊療養施設のスタッフから、宿泊する施設名及びチェックイン時刻等を電話でご連絡いたします。
  2. 食事代以外の滞在にかかる経費の請求はありませんが、買い物代行を希望する場合は、かかった経費を頂きます。
  3. 宿泊中の留意事項等詳細については、入所時にお伝えします。

3 療養期間の考え方について

5月8日以降、新型コロナウイルスに罹患しても、法律に基づく外出自粛は求められません。外出を控えるかどうかは個人の判断に委ねられますが、国から以下の方針が参考として示されています。

位置付け変更後の新型コロナ患者の療養の考え方(参考)

  • 発症後5日間が経過し、かつ解熱および症状軽快から24時間経過するまでは外出を控えることが推奨されます(※)
  • 発症後10日間が経過するまでは、マスクの着用等周りの方へうつさないよう配慮をお願いします

(※)発症日を0日とします。無症状の場合は検体採取日を0日目とします

濃厚接触者の考え方(参考)

  • 令和5年5月8日以降は、新型コロナ患者の濃厚接触者として法律に基づく外出自粛は求められません。同居のご家族が新型コロナにかかった場合には、ご自身の体調に注意してください

5月8日以降に感染した場合の外出は・・・
(法律に基づく外出自粛は求められませんが、判断する際の参考にしてください。)

発症日から5日経過で療養終了、6日から職場復帰・登校が可能。感染後10日が経過するまでマスクを着用したり、重症化リスクのある方との接触を控えるなど配慮

4 家庭内の感染対策

5 罹患後症状(後遺症)

こちら(新型コロナウイルス感染症の後遺症について)をご覧ください。

6 新型コロナウイルス感染症に係る心のケア

新型コロナウイルス感染症のまん延とその対策の影響を受けて、仕事や生活に不安やストレスを感じている方も少なくないと思います。
こうした不安やストレスと上手に付き合う方法について、さまざまな専門家からのアドバイスや新型コロナウイルス感染症に関連した情報や相談窓口などを紹介しています。

新型コロナウイルス感染症対策(こころのケア)(厚生労働省)(外部サイトへリンク)

7 新型コロナウイルス感染症に関する差別や誹謗中傷等

NO!コロナ差別 やさしさと感謝の気持ちを

8 With コロナにおいて健康を守るためにできること