新型コロナウイルス感染症は、2019年12月に中国・武漢で原因不明の肺炎として報告されて以降、日本を含む全世界に感染が拡大しています。
 現在では、新型コロナウイルス感染症の感染対策や診断・治療・予防法が確立されつつありますが、新たな課題として新型コロナウイルス感染症に罹患(りかん)した一部の患者にさまざまな「罹患後症状(後遺症)」がみられることが分かってきました。

新型コロナウイルス感染症の後遺症について 

 新型コロナウイルス感染症にかかった後、感染性がなくなったにもかかわらず、他に明らかな原因がなく、療養中にみられた症状が続いたり、新たに症状が出現したりするなど、後遺症として様々な症状がみられる場合があります。
 後遺症については、世界的に調査研究が進められている最中であり、まだ不明な点が多いですが、国内の調査研究(厚生労働科学研究)によると、診断後6ヶ月の時点で約8割の方は罹患前の健康状態に戻ったと自覚したと報告されています。
 後遺症が疑われる場合などは、お一人で悩まず、まずは、かかりつけ医や身近な医療機関などにご相談するようにしてください。

新型コロナウイルス感染症の後遺症の代表的な症状について 

 代表的な症状として、以下のようなものが報告されています。

  • 疲労感、倦怠感
  • 関節痛
  • 筋肉痛 
  • 喀痰
  • 息切れ
  • 胸痛
  • 脱毛
  • 記憶障害
  • 集中力低下
  • 不眠
  • 頭痛
  • 抑うつ
  • 嗅覚障害
  • 味覚障害
  • 動悸
  • 下痢
  • 腹痛
  • 睡眠障害
  • 筋力低下