[秋田の応援団人材データ]
元祖爆笑王(髙橋裕幸) 

写真:元祖爆笑王(髙橋裕幸)
ふりがな がんそばくしょうおう(たかはしひろゆき)
氏名 元祖爆笑王(髙橋裕幸)
出身町村 能代市で生まれ、秋田市、鹿角市、五城目町など県内各地で暮らす。
専門(得意)分野 放送作家、演芸作家、演芸プロデューサー
【業種】芸能・文化
プロフィール

【経歴等】
高清水小学校、五城目第一中学校、秋田南高校を卒業後、日本大学藝術学部へ。在学中に放送作家高田文夫氏に師事、在籍しながら「高田文夫の弟子」として放送作家としても活動。卒業後、ニッポン放送「笑福亭鶴光のオールナイトニッポン」「田中義剛のオールナイトニッポン」などのラジオ番組の構成を経て、26歳でテレビ「ウッチャンナンチャンのやるならやらねば」を構成。その後も、「めちゃめちゃイケてるッ!」「FNS27時間テレビ」「爆笑レッドカーペット」「爆笑レッドシアター」など、数々のテレビ・ラジオを担当。 番組によっては出演する機会も増え「元爆のラジオDEシクヨロ」(ラジオ日本)でパーソナリティも務め、現在は「爆夜~BAKUNAI」を担当している。東京だけでなく、福岡、名古屋でも構成を多数手がけ、秋田では「爆笑一番」(秋田テレビ)でMCもこなす。 平成15年には構成したFNS系4局共同番組「日韓親善ライブ笑ってチョゴリ」が民放連エンターテインメント最優秀賞を受賞した。人気芸人が出演するお笑いライブ「元祖爆笑王プロデュース・よりすぐり」も全国で開催。若手の発掘や育成にも力を注ぎ、各プロダクションにて講師、ネタ見せの活動もしている。 平成25年3月、男鹿市観光大使に就任。同年7月に行われた「海フェスタおが」で「OGA歌謡祭」や「爆笑ライブin海フェスタ」等数々のイベントをプロデュース。さらに同年8月、秋田県PRメディアプロデューサーに就任、秋田デスティネーションキャンペーン等に於けるメディアを活用した本県PRのアドバイスや、各イベントのプロデュース等を行う。

【最近の活動】

  • 非常勤講師
    • 日本大学藝術学部、日本大学文理学部、専修大学文学部
  • 常勤講師
    • ワタナベコメディースクール、ホリプロ、太田プロダクション、サンミュージック
  • 審査員
    • 「お笑いホープ大賞」「漫才新人大賞」
  • 著書
    • 「3秒で場をつかむ技術」 (メディアファクトリー出版)
    • 「ムダ話が得意になる本」
    • 「お笑い芸人直伝!鉄板フレーズ100選」
    • 「漫才入門」
    • 「爆笑!コント入門」 (以上リットーミュージック出版)
  • 男鹿市観光大使
  • 秋田ノーザンハピネッツ親善大使
  • 秋田県PRメディアプロデューサー (以上平成25年就任)
  • 秋田朝日放送「ニュースショー・トレタテ」コメンテーター
  • 「これが秋田だ!食と芸能大祭典」総合プロデューサー就任
  • 能代市シティセールスアドバイザー
  • 「日本花火観賞士」
生年 1964年
コメント 【活性化に役立てたい分野】
放送業界、イベント業界、芸能界での経験を公開(講義)します。 「明るく生きる、笑って生きる」生活を提案します。
【秋田へのメッセージ】
 ”いささか暗い”と言われているイメージの秋田を、「お笑い」というジャンルで明るくさせます!  ”笑い”は健康にもよく、,”笑い”のある生活は、家庭や職場も良い雰囲気になると言われています。 「笑いで秋田を明るくし、活性化させて見せます!」

 

ジャンル:芸能・文化