[秋田の応援団人材データ]
浦嶋 繁樹 

写真:浦島繁樹
ふりがな うらしま しげき
氏名 浦嶋 繁樹
出身町村 八峰町
専門(得意)分野 ERM(統合リスクマネジメント、新会社法、金融商品取引法対応)コンサルティング、経営幹部養成教育
【業種】 農林水産業,商業,工業,観光,情報産業,芸能・文化,保健福祉,スポーツ
プロフィール 【経歴等】
S60 住友海上火災保険会社から独立 S63ノシロ保険サービス(株)設立 代表取締役 S63~H4 大和證券(株)調査役兼務 H1(株)マネーコンサルティング・カンパニー設立(フィナンシャルコンサルティング会社)※1 H5日本リスクコンサルタント協会設立 代表幹事(現:NPO法人 日本リスクマネジャー&コンサルタント協会専務理事)H7(株)東京リスクコンサルタンツ設立※2 H10(株)日本アルマック設立(※1、2を合併)代表取締役 IFRIMA(国際リスク保険管理協会連盟)ディレクター、H15~H24立教大学大学院兼任講師
【最近の活動】
著書:Web『リスクを飼い慣らせば未来が見える~初歩からのリスクマネジメント』(日経BP社)『1社では生き残れない!保険業界アライアンス戦略のすすめ』(東洋経済新報社)等
生年 1954年
コメント 【活性化に役立てたい分野】
リスクに強い成長企業の育成(新会社法、金融商品取引法対応)・新経営者養成(事業承継)、内部統制リスクマネジメント体制構築
【秋田へのメッセージ】
  • 活性化のためにするべきこと…自己責任経営を実現するためには、ERM(統合リスクマネジメント)が必要(新会社法、金融商品取引法対応)です。それに対応できる経営者を養成しない限り、秋田県経済の発展は無いと思います。そのためには新しい時代の経営者を養成しなければなりません。
  • 当社がお手伝いできること…経営者、幹部養成(ERM対応)教育、ERMプロの養成、内部統制(ERM対応)体制の構築、ERM適正コスト分析、与信管理体制の構築
  • 秋田県へのメッセージ…子供達の運動能力、学力はトップクラスです。しかし、そうした優秀な人材が県外へ流出してしまうのが残念です。新しい時代の経営者を県内に育てない限り、成長企業は生まれませんし、人材の流出は止められません。ぜひ、新時代の経営者を養成することを期待します。

ジャンル:商業 | 農林水産業 | 観光 | 工業 | 情報産業 | 芸能・文化 | 保健福祉 | スポーツ