[秋田の応援団人材データ]
谷國 大輔 

ふりがな たにくに だいすけ
氏名 谷國 大輔
出身市町村 出身は東京都千代田区。秋田県とは1990年代後半から縁があり、特に美郷町六郷で中心市街地活性化に係る各種計画策定、名水市場「湧太郎」の施設計画立案・運営支援、六郷まちづくり株式会社のイベント支援に携わる。また、国交省の地域振興アドバイザーとして旧本荘市への訪問や、中心市街地活性化について県庁などで講演を行った経験あり。
専門(得意)分野
地域PR動画・映画、建築・まちづくり・観光・イベント、中心市街地・商店街活性化
【業種】 商業,観光,情報産業,芸能・文化
プロフィール 【経歴等】
地ムービー 主宰・編集長
地域プランナー(一級建築士) プロデューサー(イベント・映画)
早稲田大学理工学部卒業。戸田建設で実務経験し一級建築士を取得後、同大学院修了。電通、政府系シンクタンク、バリーオ代表取締役、再び、電通を経て現職。国・自治体・民間企業等で、まちづくり・観光・イベント・博覧会・中心市街地・商店街、並びに映画・動画に関わる各種委員・プロデューサー・アドバイザーを歴任。日本国内のミレニアムイベント関連事業の仕掛け人(ピース2000倶楽部 主宰)。映画学校のOBで、映画・動画の製作・上映・配信等に携わっている。

【最近の活動】
地ムービー 主宰・編集長
地元☆ジモトの動画・映画=地ムービー®  地ムービーはマスコミ・媒体です。
『地ムービーポータルサイト』http://www.jimovie.jp/
『地ムービーfacebookページ』https://www.facebook.com/JIMOVIE/
『地ムービーYouTubeチャンネル』https://www.youtube.com/user/regionalmovie
『地ムービーTwitter』https://twitter.com/regionalcinema
著書に、「映画に仕組まれたビジネスの見えざる手 なぜ映画館にはポップコーンが売られているのか 」(スマートブックス) 、「大世紀越え・2000年イベント」(JACE)、「中心街・元気マニュアル」(商店建築社)、「観光実務ハンドブック」(一部執筆担当 丸善)、映画にしくまれたカミの見えざる手 ニッポンの未来ぢから」(講談社+α新書)等がある。
生年 1963年
コメント

【活性化に役立てたい分野】
地域PR動画・映画、インバウンド・観光、建築・リノベーション、地域イベント・映画祭

【秋田へのメッセージ】
秋田はとにかく、お水・ごはん・お酒が美味しい。温泉がいっぱいあって体もポカポカあったまる。人も親切で、あったかく、しばらくいると心がホカホカしてくる。一方、仕事は真面目にこつこつ。時々、言葉に”○○コ”と”コ”がついて、なんとも愛くるしい。空気がすっと澄んでいて、きれいな川には魚もたくさん住んでいる。田んぼの緑が晴れ晴れと爽やかで、森や林の木々は神秘的。港町に揚がる日本海の新鮮な魚は実に旨い。山のキノコも東京のスーパーで売っているのとは全く別物で、ビックリするほど美味しい。珍しい祭り、しっとりと佇む民家、夏でもひんやり涼しい酒蔵。秋田には、お金に換算できない豊かさがたくさんある。

 

ジャンル:商業 | 観光 | 情報産業 | 芸能・文化