離職者等を対象とした職業訓練の実施について

2020年05月18日 | コンテンツ番号 9565

   秋田県では、再就職を目指す方や新たに職業に就きたいと希望される求職中の方を対象に、就職に必要な技能や知識を習得するための職業訓練を実施しています。

  <令和2年度開催コース>

   ・令和2年度開催 職業訓練コース(介護関係)(PDF) 

   ・令和2年度開催 職業訓練コース(パソコン・情報・事務関係)(PDF)

 訓練内容については、訓練内容の御案内を御確認ください。

 なお、今年度開講予定の訓練については、今後の新型コロナウイルス感染症の状況等により、中止または開講時期等を変更することがあります。

 訓練のお申し込みは、お近くのハローワーク(公共職業安定所)(外部リンク)に御相談ください。 

1 職業訓練の対象者

再就職を希望する雇用保険受給者等でハローワークに求職申し込みをし、ハローワークから職業訓練の受講あっせんを受けた方

2 受講料・手当等

(1)受講料

受講料は無料です。ただし、教材費として1~3万円程度自己負担が必要となるコースもありますので、詳しくは、下記「このページに関するお問い合わせ先」にお問い合わせください。

(2)手当

雇用保険受給中の方で一定の要件を満たす場合は、受講期間中も引き続き雇用保険が支給されます(基本手当のほか、受講手当、通所手当が支給されます。)。

3 応募方法

お住まいの住所を管轄するハローワークから申し込みください。

4 受講にあたってのお願い

受講場所まで自動車を利用される場合、駐車場が無い場合がありますので、その場合は各自で駐車場の手配をお願いします。 

 

訓練内容の御案内

パソコン関係、介護関係、医療事務関係、会計事務関係、販売ビジネス関係の訓練コースがあります。

訓練内容の詳細を知りたい方はコース名をクリックしてください。

令和2年度開催コースについては最下部を御覧ください。

パソコン初級科

仕事をする上で必要となる基本的なパソコンの知識や操作方法を学ぶことができます。

訓練内容(標準カリキュラム)

パソコンの基本的な知識や操作方法、ワード・エクセル等の実務に役立つ技術の習得を目指します。

  • 期間:3か月(学科:90時間 実技:268時間)
  • 取得目標資格:PC検定3級(文書作成・データ活用)

パソコン・事務習得科

基本的なパソコン知識や操作方法に加え、簿記会計や給与計算に必要な知識や技術を学ぶことができます。

訓練内容(標準カリキュラム)

ビジネス実務に生かせる簿記、経理とパソコン操作の習得を目指します。

  • 期間:3か月(学科:240時間 実技:118時間)
  • 取得目標資格:PC検定3級(データ活用) 簿記検定3級

パソコン・ビジネス実務科(企業実習を含むコース)

簿記会計、文書作成やデータ処理の方法を学ぶことができます。さらに企業での実習を通し、実践で活用できる知識と技能を身につけることができます。

訓練内容(標準カリキュラム)

ワードやエクセル等の活用、ビジネス文書の作成及びデータの集計方法の習得を目指します。

また、企業での実習を通して社会的マナー等も身につけます。

  • 期間:4か月(学科:186時間 実技:292時間)※うち職場実習:1か月
  • 取得目標資格:PC検定3級(文書作成・データ活用)

介護職員初任者研修科

これから介護の仕事に就こうとしている方が、介護職員として必要となる知識や技術を学ぶことができます。

訓練内容(標準カリキュラム)

在宅・施設を問わず 、介護の業務に従事できるよう、基本的な知識や技術を身につけることを目指します。

  • 期間:3か月(学科:198時間 実技:160時間)
  • 取得目標資格:介護職員初任者研修修了

介護実務者研修科

介護現場の即戦力として活躍できるようになるための、実践的な知識や技能を学ぶことができます。

訓練内容(標準カリキュラム)

介護倫理、関連制度、支援技術や医療的ケア技術の知識や技能を習得して実務者研修を修了し、介護現場で即戦力として活躍することを目指します。

  • 期間:6か月(学科:496時間 実技:192時間)
  • 取得目標資格:介護実務者研修修了

医療事務科

医療事務に関する基礎知識や技能を学ぶことができます。

訓練内容(標準カリキュラム)

医療保険制度や診療報酬の算定方法等の医療事務の知識と、レセプト作成等の技能の習得を目指します。

  • 期間:3か月(学科228時間 実技:130時間)
  • 取得目標資格:メディカルクラーク(医療事務技能審査試験)、メディカルオペレータ(医事オペレータ技能認定試験)、調剤報酬請求事務技能認定

医療事務実務科(企業実習を含むコース)

医療事務に関する基礎知識や技能を学ぶことができます。さらに企業での実習を通し、実践で活用できる知識と技能を身につけることができます。

訓練内容(標準カリキュラム)

医療保険制度や診療報酬の算定方法等の医療事務の知識と、レセプト作成等の技能の習得を目指します。

また、企業での実習を通して、より実践的な力を身につけます。

  • 期間:4か月(学科:234時間 実技:244時間)※うち職場実習:1か月
  • 取得目標資格:メディカルクラーク(医療事務技能審査試験)、メディカルオペレータ(医事オペレータ技能認定試験)、調剤報酬請求事務技能認定

会計事務科

 簿記会計への理解を深め、経理事務に必要な知識と技能を学ぶことができます。

訓練内容(標準カリキュラム)

商業簿記・工業簿記の知識の習得と、ワードやエクセルの技能向上を目指します。

  • 期間:3か月(学科:252時間 実技:106時間)
  • 取得目標資格:簿記検定2級 PC検定3級(データ活用)

販売ビジネス科

販売・サービス分野で即戦力となるための知識と技能を学ぶことができます。

訓練内容(標準カリキュラム)

販売の基礎から企業活動に必要な法令、ビジネスマナーに加え、コミュニケーションスキルやITスキル等の習得を目指します。

  • 期間:3か月(学科:150時間 実技:208時間)
  • 取得目標資格:リテールマーケティング3級 PC検定3級(文書作成・データ活用)

パソコン技術科(障害者向け訓練コース)

働く上で必要となるパソコンを使用したデータ入力から、ビジネス文書の作成やインターネット等の基礎知識と操作方法を学ぶことができます。

訓練内容(標準カリキュラム)

パソコンを使用したデータ入力から、ビジネス文書の作成、表計算ソフトやプレゼンテーションソフトの活用方法及びインターネットに関する知識の習得を目指します。

  • 期間:3か月(300時間)
  • 取得目標資格:PC検定3級(文書作成・データ活用) 

建設機械運転科(鷹巣技術専門校で実施する施設内訓練)

建設・土木分野で即戦力となるために必要な知識と技能を習得することができます。

訓練内容(標準カリキュラム)

建設機械による機械化施工の概要及び一般土木の基本的施工概要を理解し、機械の安全な取扱い及び運転のできる技能者を養成します。

さらに、クレーン等の運転・玉掛け作業・荷役運搬機械等の運転及び溶接作業等の技能を習得することにより、物流業、製造業にも対応した人材の育成を目指します。

  • 期間:6か月(4月、10月開講)
  • 取得目標資格:大型特殊自動車運転免許、移動式クレーン運転士免許 等