交流サイト(SNS)で著名人を名乗ったり、つながりを示したりして投資を勧誘する-。こうした、著名人に成り済ますなどしてもうけ話を持ちかけ、お金をだまし取る消費者トラブルが急増しています。
 「著名人が主催する投資の勉強会、投資のノウハウを伝授」「有名人と知り合い、つながりにより必ずもうかる金融商品」とたくみな言葉遣いに誘われ、投資や利益を増やす名目で多額のお金を振り込んでしまったものの、「追加費用や手数料を払わないと出金できない」と言われたといったケースが目立ちます。勧誘された相手との連絡が取れなくなったなどの被害も発生しています。
 SNS上で勧誘を受けた場合は、まず相手を疑いましょう。投資資金などの振込先が個人名義の口座であれば、絶対に振り込んではいけません。
 振り込んでしまった後に資金を取り戻すことは困難です。安易に相手を信用しないことが何より重要です。
 不審に思ったり、怪しいと感じたらすぐに消費生活の相談窓口に連絡しましょう。
 消費に関して迷ったり困ったりする場合は▽県生活センター☎018・835・0999 ▽消費者ホットライン☎188(いやや)にご相談ください。
 オンラインによる対面相談も実施中です。ぜひご活用ください。