「フィッシング詐欺」容易なアクセス避けて!

2023年11月15日 | コンテンツ番号 77338

 
 
 事業者や公的機関など実在する組織をかたるSMS(ショートメッセージサービス)やメールを送リ付け、パスワードやID、暗証番号、クレジットカード番号といった個人情報を盗み取る「フィッシング」に関する相談が多く寄せられています。カードを不正利用される被害も相次いでいます。
 例えば大手通販サイトから携帯電話に「会員満期通知」という件名でメールが届いたケースです。メールを開くと、「月会費が引き落としできませんでした」とあり、「会員ログイン」との記載があったのでタップしてカード番号入力を入力しました。しばらくするとカード会社から連絡があり、第三者に5万円使われていることが判明しました。
 不審な相手からSMSやメールに記載されているURLにはアクセスせず、事業者の公式ウェブサイトであらかじめ情報を確認する必要があります。また、事前にブックマークした事業者の公式サイトをブックマークし、そちらにアクセスすることを徹底しましょう。もし、不審なサイトにアクセスしてしまった場合は、すぐにクレジット会社や金融機関に連絡すること。迷ったり、困ったりした際は消費生活相談窓口に相談してください。
 連絡先は▽県生活センター☎018・835・0999、北部消費生活相談室☎0186・45・1040、南部消費生活相談室☎0182・45・6104、または消費者ホットライン☎188