平成30年度「秋田県児童健全育成表彰」の表彰式を行いました

2018年08月06日 | コンテンツ番号 7412

写真:受賞した子ども会の皆様 [163KB]

写真:児童健全育成表彰を受けた皆様 [152KB]

平成30年8月6日(月)、県正庁において平成30年度「秋田県児童健全育成表彰」の表彰式を行いました。

県では、活動が顕著であり他の模範となる子ども会及び子ども会や児童の育成に功労のあった者(団体)を表彰し、その活動を奨励しています。

栄光賞

出口1・2子ども会[大館市]

結成:昭和49年 会員児童数:17名(4歳~12歳)

年2回実施されている地区の清掃デーにおいて、子ども会がブラシや箒などを持参し、地下道の清掃を行っています。このほか、運動会や地区祭典での子ども神輿など、地域行事に率先して参加し、地域住民との交流を図っています。

柏木子ども会[横手市]

結成:昭和52年 会員児童数:19名(4歳~12歳)

廃品回収や巡回清掃、地区祭典(鹿嶋祭)などへの積極的な参加を通して、地域に密着した子ども会活動を行っています。このほか、親子旅行や6年生を送る会などの各種イベントを企画・実施し、活発な活動を行っています。

 

子ども会育成功労賞

菅原 成美[鹿角市]

活動歴:21年(平成9年~)

子ども会世話人の先頭に立って、若い世話人達の指導も兼ね、積極的に活動しています。子ども達の指導力には定評があり、子ども会活動へ参加する喜びや達成感を伝授しています。

小柴 利雄[能代市]

活動歴:45年(昭和48年~)

子ども達の行う町内花壇整備の指導や子ども七夕の製作指導など、子ども達のために尽力してきた功績は大きく、また、個人的に凧の製作もしており、子ども達と一緒に市の大会に参加するなど、地域活性化にも貢献しています。

照井 敦子 [横手市]

活動歴:36年(昭和57年~)

子ども会の世話役として長年に渡り地域活動へ貢献しており、平成24年から就任した市子ども会育成連合会理事としても、各種事業へ積極的に参加し、青少年の健全育成に尽力しています。

鈴木 亮晃[横手市]

活動歴:23年(平成7年~)

子ども会へ入会し、会長職などを経て長年に渡り地域活動へ貢献しています。また、平成26年から就任した市子ども会育成連合会理事としても、各種事業へ積極的に参加し、青少年の健全育成に尽力しています。

戸部 緑[湯沢市]

活動歴:40年(昭和53年~)

昭和53年に青少年雄勝町民会議委員として子ども会の指導に携わって以来、現在まで一貫して子ども会の指導にあたっています。「ドッジボール大会」や「三世代交流雪遊び」などの子ども会交流会を中心となって進めてきたほか、雄勝地域を代表して市の総合計画審議委員等としても活躍しています。

児童育成功労賞

石鳥谷 雅人[鹿角市]

活動歴:22年(平成8年~)

子ども会世話人会や花輪ばやし祭典委員会の役員を歴任し、それぞれの立場で一貫して子ども達を指導してきました。現在は、花輪ばやし祭典委員会事務局次長として、子どもパレードの管理運営に携わっており、太鼓練習の指導に力を注ぐなど、祭りの魅力伝承にも貢献しています。 

桜児童育成クラブ [秋田市]

活動歴:15年(平成15年~)

桜児童センター開設当初より、児童センターで行われる工作やお茶会などの月例行事及びスイカ割りやクリスマス会などの季節行事に積極的に協力をしています。また、最近では、児童センター運営委員会と共催で年に1回の大掃除会を毎年実施しています。