新型コロナウイルス感染症に感染した方・濃厚接触者の職場復帰について

2022年08月02日 | コンテンツ番号 67096

 新型コロナウイルス感染症に感染した方の就業制限の解除、濃厚接触者の待機期間の解除については、解除された後に職場等で勤務を開始するに当たり、職場等に証明(陰性証明等)を提出する必要はありません。

※県内での感染者が増加する中で、医療機関や保健所等への証明の発行請求やお問合せは、お控えいただきますようお願いします。

就業制限の解除に関する取扱い等について

厚生労働省の事務連絡により、次のとおりとされています。

新型コロナウイルス感染症に感染した方の場合

就業制限の解除については、医療保健関係者による健康状態の確認を経て行われるものであるため、解除された後に職場等で勤務を開始するに当たり、職場等に証明(医療機関・保健所等による退院若しくは宿泊・自宅療養の証明又はPCR検査等若しくは抗原定性検査キットによる陰性証明等)を提出する必要はありません。

濃厚接触者の場合

待機期間の解除については、解除された後に職場等で勤務を開始するに当たり、職場等に証明を提出する必要はありません。

【参考】厚生労働省の事務連絡等

〇(令和4年1月31日一部改正)感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第18条に規定する就業制限の解除に関する取扱いについて [2105KB]

〇新型コロナウイルスに関するQ&A(企業の方向け)(抄)※秋田労働局ウェブサイト