~ 一人で悩まず、気軽にご相談ください ~

2020年06月17日 | コンテンツ番号 63509

 県生活センターは、「商品やサービスの契約で、事業者が解約に応じてくれない」「注文していない海産物が届いた」「あちこちに借金して膨れ上がってしまい払えない」など、消費生活に関する消費者と事業者とのトラブルについて相談を受ける消費者のための窓口です。
専門的な知識を持った消費生活相談員が、事業者との交渉の方法や具体的な解決策などについて助言や情報提供をします。また、必要に応じて事業者との間に入りトラブル解決に向けた「あっせん」を行います。
 県生活センターの窓口では、電話相談の他、相談員と直接会って相談することが出来ます。相談は無料で相談する方の秘密は守られますので、安心してご利用ください。
相談する際には手元に予め契約書等の関係書類やトラブルに至った状況についてのメモ等を用意しておくと、的確に状況を把握することでき、解決のためのスムースな助言に繋がります。
最近は悪質商法が多様化、巧妙化し、自分や家族がトラブルに巻き込まれていても気付きにくいことがあります。巻き込まれた場合はもちろん、そうでない場合も、契約や支払う時に少しでも分からないこと、不安なことがあれば一人で悩まずにできるだけ早く相談することが大切です。