令和3年度地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)大臣表彰について

2022年01月24日 | コンテンツ番号 62316

 内閣府では、地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)の活用促進を図る一環として、特に顕著な功績を上げ、他の規範になると認められる活動を行った企業等を表彰する制度を平成30年度に創設しています。

 このたび、「企業部門」において、本県に寄附実績のある「信金中央金庫」の受賞が決定しましたので、お知らせします。

【信金中央金庫について】
(1)代表者:理事長 柴田 弘之
(2)本社所在地:東京都中央区
(3)事業内容:金融業
(4)寄附事業:若年女性の県内定着が進む社会づくり推進事業(次世代・女性活躍支援課)
        ※事業概要については、リンク先を御確認ください。
         ・企業版ふるさと納税の活用事業について(若年女性の県内定着が進む社会づくり推進事業) 
(5)表彰の経緯:
 創立70周年を記念し、信金中央金庫がSDGsを踏まえ、企業版ふるさと納税等を活用した寄附を行うことにより、地域の課題解決及び持続可能な社会の実現に資する地域創生事業を信用金庫とともに応援し、地域経済社会の発展に貢献することを目的として「SCBふるさと応援団」を創設。本県を含めた全国98の地方公共団体へ企業版ふるさと納税による寄附を実施した。

【表彰式について(内閣府主催)】
日時:令和4年2月10日(木) 15:00~17:00
開催方式:オンラインにより開催

 
※全国の受賞者の状況や表彰式の概要については、リンク先(内閣府ウェブサイト)やダウンロードファイル(内閣府公表資料)を御確認ください。
  ・企業版ふるさと納税ポータルサイト 

ダウンロード