日常生活回復に向けたPCR等検査無料化事業について

2022年08月02日 | コンテンツ番号 61915

県民の皆様へ

 県では、新型コロナウイルス感染症対策と日常生活回復の両立を図るため、無症状者のうち、飲食、イベント、旅行、帰省等の経済社会活動を行うにあたり検査が必要な方や、感染拡大期に感染不安を感じる方が受けるPCR等検査を無料化します。

※濃厚接触者に該当する方は、無料検査の対象外となります。

 

 

PCR等検査無料化事業の8月上旬からお盆期間中の実施体制について

8月5日から18日までの検査事業者の開設状況についてはこちらをご覧ください。 [494KB]

8月上旬からお盆期間中は、帰省等により高齢の親族等多くの人と接触機会があることから、秋田駅東西連絡自由通路(ぽぽろーど)の東口側に臨時検査場を設置します。

なお、秋田空港においても既存の検査場所(木下グループ 新型コロナ検査センター 秋田空港店)が設置されています。秋田空港ご利用の方はそちらをご利用ください。

臨時検査場での対象者や日時等はこちらをご覧ください。

 

更新情報

R4.7.22

「感染拡大傾向時の一般検査事業」の実施期間を延長しました。 

 

 

無料検査の対象者

感染状況に応じて、以下の(1)および(2)の事業が実施されます。
事業ごとに対象者の範囲が異なりますのでご注意ください。

発熱、せき・喉の痛み、その他体調不良など少しでも違和感を感じる方や保健所から濃厚接触者(疑い含む)とされた方は、無料検査の対象外です。
※会社等が事業又は福利厚生等の一環として従業員に検査を受けさせる場合は、いずれの事業でも対象者となりませんのでご注意ください。
※対象者の確認はこちらでどうぞ。

(1)ワクチン検査パッケージ・対象者全員検査等定着促進事業

「ワクチン・検査パッケージ」制度(※1)又は対象者全員検査及び飲食、イベント、旅行・帰省等の活動に際して陰性の検査結果を確認する民間の取組(※2)のために必要な検査を無料とします。

※1:「ワクチン・検査パッケージ制度」
飲食店やイベント主催者等の事業者が、入店者・入場者等の利用者のワクチン接種歴または検査結果の陰性のいずれかを確認することにより、新型コロナウイルス感染症の感染リスクを低減させ、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置等において課される様々な行動制限を緩和するもの

※2:民間の取組として想定されること

  • 飲食店、旅行・宿泊事業者等から割引や追加的なサービスを受けるため、陰性の検査結果の提示が必要
  • 高齢者施設等の面会に際し、陰性の検査結果の提示が求められているため必要
  • 帰省のために親族等から求めがあって検査が必要  等

1.対象者

飲食、イベント、旅行・帰省等の経済社会活動を行うにあたり検査が必要な無症状の方

2.実施期間

令和3年12月22日以降、準備が整った日~令和4年8月31日

 (2)感染拡大傾向時の一般検査事業

感染拡大の傾向が見られる場合に、知事の判断により、次に掲げる方を対象に、検査の受検を要請し、要請に応じる住民に対して実施する検査を無料とします。

1.対象者

無症状で、感染リスクが高い環境にある等のため感染不安を感じる住民
(秋田県の住民たる者。ワクチン接種済・未接種を問わない。)

※例えば、以下のような方が想定されます。

  • 感染拡大している地域と往来をした、当該地域の方と長い時間飲食を共にした等により、感染不安を抱える方
  • 高齢者施設等を訪問する予定があるなど、あらかじめ感染不安を解消しておきたい事情がある方
  • 感染拡大傾向時においても、対人接触の機会が多い環境にある方 等

2.実施期間

令和4年1月5日(水)から令和4年8月31日(水)まで

(3)対象者等確認用/Yes・No チャート

次のチャートを参考に、ご確認をお願いします。

 

(4)受検の流れ

検査を受ける流れは、以下のとおりです。

1.検査場所の確認等

  • 「無料検査実施場所一覧」を参考に、無料検査を受ける場所を決める
    ※検査場所によって対応時間や検査方法、予約の仕方などが異なります。事前にご確認ください。

2.検査場所で検査申込

  • 申込書の記入(事前に記入して持参していただくとスムーズです。)
  • 本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード等)の提示
  • 飲食、イベント、旅行・帰省等のため検査を必要とする場合、検査を受ける目的の概要・日付等がわかるチケット、予約票等(本ページに掲載している様式例による「申立書」で代替可)

 

3.実施事業者における検査

  • PCR検査等(LAMP法等の核酸増幅法、抗原定量検査を含む。)又は抗原定性検査の実施

4.検査結果の通知

  • 実施事業者又は検査機関が結果通知書を受検者に発行

受検のフロー図

受検の流れ

(5)受検に際しての留意事項

検査結果が陽性であった場合

必ず、「あきた新型コロナ受診相談センター」に相談してください。
申込書に記載した個人情報について、県及び居住地の管轄保健所に情報提供するとともに、管轄保健所の指示に従うことを誓約いただきます。

検査結果が陰性であった場合

感染している可能性を否定しているものではないため、引き続き感染予防策(3密回避、マスク着用、手指消毒や換気)を徹底してください。

本人確認等のため、身分証明書、住所が確認できるもの(※)を忘れずご持参ください。

※運転免許証、マイナンバーカード等の公的証明書のほか、健康保険証や学生証等

検査結果の有効期限

検査結果の有効期限は下記のとおりです。必要となるご予定に合わせ、検査を受けてください。

・PCR検査等:検体採取日+3日
・抗原定性検査:検査日+1日

本事業によって無料化される検査を受けるにあたって、検査拠点等での検査費用の支払いは発生しません。

無料のPCR等検査を受けられる場所

県が登録した実施事業者の検査拠点で、無料のPCR等検査が受けられます。

実施事業者・検査拠点は次のとおりです。

無料検査実施場所一覧(外部サイトへリンクします)

※自費検査を提供する検査機関もあり、厚生労働省ホームページ(外部サイトへリンクします)から確認できます。

お問い合わせ

不明な点がありましたら、下記のコールセンターまでお問合せください。
※コールセンターで検査予約はできません。

秋田県PCR等検査無料化事業事務局コールセンター
(受付時間:平日9:30~17:30)
電話番号:018-853-0710

よくある質問をまとめましたので、こちらからご確認ください。 [270KB]

参考

 

医療機関、薬局等の検査実施事業者の募集について【令和4年5月20日募集停止】

 募集要項、提出書類等の詳細はこちらからご確認ください。