「守りたい秋田の里地里山50」秋田市萱ケ沢地域で文化祭が開催されました!

2021年11月10日 | コンテンツ番号 61286

 令和3年11月7日(日)に、「守りたい秋田の里地里山50」認定されている萱ケ沢地域で文化祭が行われました。

 萱ケ沢地域では今年度から、「秋田の里地里山を守り継ぐプロジェクト事業(里地里山のサポート活動支援事業)」を実施しています。本地域では、「蛍」を観察できることから、蛍の生息環境を保持し、交流人口を拡大するため、秋田公立美術大学の学生(以下、美大生とする)2名とともに蛍観賞地の看板とマップの作成に取り組んでいます。

 今回の文化祭では、本地域で江戸時代から伝承されている「萱ケ沢番楽」が披露され、美大生も獅子舞を体験しました。また、地域住民が制作した手芸や書道などの作品展示、自家製野菜・山菜の展示も行われ、短い時間ではありましたが、美大生2名も萱ケ沢地域の伝統・文化に触れることが出来たと思います。

※「秋田の里地里山を守り継ぐプロジェクト事業」とは、「守りたい秋田の里地里山50」に認定されている地域が実施する、里地里山の保全活動等に対し総合的に支援するもので、そのうち、「里地里山のサポート活動支援事業」は、認定地域と里地里山サポーター(県内外の企業や大学等)が協働で行う、地域の伝統的な作法や農法、豊かな景観等の地域資源を活かした活動を支援する事業です。