企画展「秋田県誕生150年記念事業 廃藩置県150年 公文書でみる秋田の歴史」

2021年07月29日 | コンテンツ番号 59369

 明治4年(1871)の廃藩置県で秋田県が誕生して今年で150年、

今年度は「秋田県誕生150年記念事業 廃藩置県150年 公文書でみる秋田の歴史」をテーマに企画展を開催します。

 本展では、①150年の時の経過を表現、②各時代ごとに大きな出来事を取り上げて関連する公文書(資料)を展示、といった内容とし、加えて公文書簿冊の閲覧の体験ができるようにしています。

 また、現代からの視点で「感染症」「異常気象・災害」「貧困」にスポットを当て、慶事・凶事を織り交ぜながら、秋田がたどってきた歴史的な出来事の数々をご覧いただけるようにしています。

 これまで「秋田県公文書館に行ったことがない」という方も、当時の生の公文書や資料を、是非この機会にご覧になって、歴史的な出来事を間近に感じてみてください。

 

 

 期間 前期: 8月26日(木)から 9月21日(火)

     後期:10月28日(木)から11月30日(火)

        (毎週水曜日は休館)

 時間:午前10時~午後5時

 会場:秋田県公文書館(県立図書館と併設) 2階特別展示室

 

企画展ポスター