あらゆる差別のない多様性に満ちた社会づくりに向けたご意見の募集

2021年07月27日 | コンテンツ番号 59333

県では、あらゆる差別のない多様性に満ちた社会づくりを推進するため、その基本となる条例の制定に向けて、幅広く県民の皆様からのご意見を募集しています。(次のリンク先でご回答いただけます。)

【多様性に満ちた社会づくりに関する県民アンケート】

条例策定の趣旨

産業構造の変化や新型コロナウイルス感染拡大等に伴う格差拡大が懸念されている中、本県が目指す「高質な田舎」を実現するためには、性別、性的指向、性自認、障害のほか、コロナ禍における誹謗中傷、いじめ等、あらゆる差別のない多様性に満ちた社会づくりに向けた取組について、条例を制定することにより恒久的なものとして行う必要があると考えています。

条例の位置付け

あらゆる差別のない多様性に満ちた社会づくりを推進するための基本となる条例として位置付け、男女共同参画、障害者等に関する既存の条例については、新条例の下に体系付けることを想定しています。

【イメージ】

条例案イメージ

 

検討に当たっての各種意見聴取

  •  多様性に満ちた社会づくり有識者会議の開催

課題となる差別の把握、その差別への対応策や条例案及び指針案について有識者等による検討を行います。

  •  関係団体等からの意見聴取

具体的な差別の内容を把握するため、県内3地区及び個別に関係団体等から意見を聴取します。

  •  多様性に満ちた社会づくりに関する県民アンケート

幅広く県民の皆様からご意見をいただくためのアンケートを行います。(アンケートサイト※ページ上部のリンク先と同じです。)

スケジュール(予定)

令和3年7月 第1回有識者会議

 7月から9月まで 関係団体等からの意見聴取

 7月から11月まで 県民アンケート

 9月議会 骨子案の説明

 10月 第2回有識者会議

 12月議会 条例素案、指針素案の説明

 12月 パブリックコメント

令和4年1月 第3回有識者会議

 2月議会 条例案及び予算案の提出、指針案の説明

 3月 条例公布

 4月 条例施行

アンケートサイト

 多様性に満ちた社会づくりに関する県民アンケートにご協力ください(ページ上部のリンク先と同じです。)