【教育庁保健体育課】全国大会等に出場する部員・引率者等のPCR検査について

2021年07月20日 | コンテンツ番号 59185

全国大会や東北大会等(以下「全国大会等」)に出場する部員や引率者が、大会出場前後にPCR検査を行う場合の経費を支援します。

(8月2日追記)

 現在、保健体育課で希望等調書を受け付けたもののうち、検査希望日が8月13日までのものの検査キットの配送が完了しております。検査希望日近くになっても検査キットが届かない場合、お手数ですが保健体育課までご連絡くださるようお願いいたします。

 

◎対象者

 市町村立、県立、国立、私立問わず、小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、特別支援学校及び高等専門学校に所属する次の人を対象とします。

 ・部員等(登録メンバーに限らず、全国大会等に同行した全ての部員)

 ・引率者等(教職員、部活動指導員、外部指導者、大会役員(ただし学校の教職員に限る))

 

◎対象の大会

 ・各連盟・協会等の上部団体が主催・共催する全国大会等

 ・各競技団体が主催し、県予選を経て行われる全国大会等

 ・全国障害者スポーツ大会

 

◎検査費用の負担

 ありません(県が全額負担します)

 

詳しくは下記に掲載している実施要領等をご確認のうえ、検査を希望する場合は保健体育課までご連絡をお願いします。(FAX又はメール) 

 

(以下、全国大会等出場校への連絡です)

 令和3年7月14日付け教保ー599で通知しておりますが、以下の部分を修正・追加しておりますのでお知らせします。

 ・実施要領のうち5 検査方法等の3つ目の〇

  ~検体を採取し、検体を業者に回収してもらう。 → ~検体を採取し、検体をゆうパックで発送する。

 ・「PCR検査にあたっての留意事項」を追加しました。