漁業経営継続緊急支援事業(漁業継続機器等支援事業)

2021年07月06日 | コンテンツ番号 58780

 新型コロナウイルス感染症の影響を克服するため、生産性の向上や生産物の高品質化等に取り組む漁業者に対し、必要となる機器や漁具等の導入を支援します。

 また、省力化・省コスト化、増産等に取り組む養殖業者や種苗生産団体に対し、飼育に必要な設備等の導入を支援します。

 

 募集期間: 令和3年7月6日(火)~7月30日(金)

 募 集 数: 予算の上限に達するまで

 事業実施主体: 県内の漁業者、漁業者グループ、養殖業者、種苗生産団体

 補助対象: 漁獲物の高付加価値化や作業効率の向上のほか、新漁法の導入や稚魚の増産など、漁業や養殖業等を継続するために必要な機器や設備等

        (海水冷却装置、漁船用エンジン、養魚・稚魚水槽、飼育施設等の機能増強など)

 補助率 : 1/2以内

 

 詳細につきましては、漁業経営継続緊急支援事業実施要領をご確認ください。また、補助金の交付については、実施要領および秋田県農林水産部水産漁港課関係補助金等交付要綱に従い実施します。

 ご不明な点がありましたら、水産漁港課担当か各地区の普及員にご確認ください。

 

・ 漁業経営継続緊急支援事業実施要領 [281KB]

・ 漁業経営継続緊急支援事業実施要領 漁業継続機器等支援事業関係様式 [79KB] (抜粋)

 * 現在募集しているのは「漁業継続機器等支援事業」のみです。