令和3年度副業・兼業人材活用促進事業費補助金の募集について

2021年05月11日 | コンテンツ番号 56702

 県内企業が、製品開発や生産性の向上等のため、首都圏の大企業等から副業や兼業の形態で人材を受け入れる場合に、受け入れ企業が負担した経費の一部を助成します。

1.補助対象

秋田県内に事務所・事業所を有する中小企業。(みなし大企業を除く。)

2.補助対象事業

補助対象事業者が、秋田県プロフェッショナル人材戦略拠点 [61KB]を通じて、首都圏の大企業等で活躍する人材等を副業や兼業の形態で受け入れるもの。

※副業・兼業とは?
ここでいう「副業・兼業」とは、本業とは別に、雇用契約や業務委託(委任・請負等)契約等に基づき、業務や期間を限定して仕事を請け負うこと。

3.補助対象経費

副業・兼業人材が県外(日本国内に限る。)の居住地等から県内企業の所在場所等を訪れて業務に従事する場合にかかる旅費(交通費、宿泊費)。

4.補助率及び補助限度額

(1) 補助率   2分の1以内
(2) 補助限度額 50万円 

5.補助対象期間

副業・兼業人材が業務を開始する日から業務期間終了日または業務を開始する日が属する県の事業年度の2月末日のいずれか早い日まで。

6.募集期間

令和3年4月1日から令和4年1月末までの間、随時受付け。
ただし、予算が無くなり次第、募集終了。

ダウンロード