「令和2年度 若者と地域をつなぐプロジェクト事業~国語・算数・理科・デザイン!~」の成果報告について

2021年03月31日 | コンテンツ番号 56699

県では、令和元年度から、高校生等が企画する地域活性化に向けた取組の実現を後押しする「若者と地域をつなぐプロジェクト事業」を実施しています。

今年度は、採択された8チームが、9月から約半年間にわたりそれぞれの手法で地域とつながる活動を行ってきました。

この活動を取りまとめた「国語・算数・理科・デザイン!最終成果BOOK」 [32138KB]を作成しましたので、ぜひご覧ください。

〈最終成果BOOKはこちら⇓〉

「国語・算数・理科・デザイン!最終成果BOOK」 [32138KB]

また、令和3年3月14日(日)に各チームの取り組み内容を発表する報告会を開催しました。
当日の様子をユーチューブで配信していますので、こちらもご覧ください!
URL : https://youtu.be/uwkVxL290Ns

【所属団体名(チーム名)と活動内容】
 大曲農業高校(ゆずかきこみっくす)  「回覧板による地域のお店の紹介」
 本荘高校+社会人(Suddenly sisters) 「取材した内容や実体験を元に体験記を作成」
 国際教養大学(せんしてぃぶ)          「オリジナルの無人販売所を制作」
 秋田公立美術大学(Araya Melt Down)「インスタントカメラを用いた地域との交流」
 湯沢翔北高校①(happiness)            「地元の「ジークブルガー通り」を通して地域住民や海外と交流」
 湯沢翔北高校②(ちゃどう)              「地元の「サンロード」の活性化」
 新屋高校①(momosada)                  「地域の魅力インタビュー」
 新屋高校②(闇鍋)                            「新屋高校内に花壇を設置」