こどもエコクラブ活動を支援しています

2021年03月19日 | コンテンツ番号 55740

 

 秋田県では、「こどもエコクラブ」の活動について支援・協力しています。こどもエコクラブは、平成7年度から環境省の事業として始まり、現在は公益財団法人 日本環境協会が実施主体となっています。令和2年度は、全国で1,661クラブ、86,139名、秋田県では 、32クラブ、3,024名のこどもたちが登録・活動しました。(令和3年1月末現在)
 詳細は、こどもエコクラブ全国事務局」のウェブサイトをご覧ください。

活動するには

 こどもエコクラブは、幼児(3歳)から高校生(18歳)までなら、だれでも参加できます。登録料・年会費は無料です。

1 仲間を集める

 近所の友達、兄弟や親戚、学校のクラスやクラブ、ガール/ボーイスカウト、児童館や学童保育の仲間など、一緒に活動する仲間(3歳~18歳)と、活動を支える大人(20歳以上)を集めてクラブをつくります。

2 登録する

 全国事務局のウェブサイトから登録用紙をダウンロードして必要事項を記入し、秋田県生活環境部温暖化対策課にメール・FAX・郵送で送ります。

3 活動する

 取り組みたい内容を決め、自主的に活動します。全国事務局のウェブサイトにも、参考になる事例がたくさん載っています。活動の様子や結果、考察などは壁新聞や絵日記にまとめると、「エコ活コンクール」に出品することができます。このコンテンツの下にある過去のこどもエコクラブ活動報告集も参考にしてください。
 こどもエコクラブに関する活動情報、イベントやコンクールなどの案内は、サポーター宛に全国事務局からメールで配信されています。

4 報告する

 活動したことをレポート(200字以内、写真1~2枚)にまとめ、秋田県生活環境部温暖化対策課にメール・FAX・郵送で送ります。レポートは、秋田県のこどもエコクラブ活動報告集としてまとめられ、各クラブへ送付するとともに、県のウェブサイトへの掲示、6月の環境月間での庁内掲示が行われます。

こどもエコクラブ活動報告集2020
こどもエコクラブ活動報告集2020

 

環境月間掲示
環境月間掲示

 活動支援

 秋田県ではこどもエコクラブ登録団体の活動を支援しています。

  • クラブ登録手続きの支援
  • 観察・実験器具の貸出
  • 学校教育支援校(応募制、クラブ加入が条件)への器具類の無償提供(1校あたり3万円程度)
  • エコ活コンクールの作品(壁新聞・絵日記)の取りまとめ
  • エコ活コンクールで受賞した壁新聞・絵日記の庁内展示(6月=環境月間)
  • こどもエコクラブ全国フェスティバル受賞メンバーの旅費負担(4名まで)
  • 新規クラブ、新規メンバーへの秋田県オリジナルバンダナの提供
    秋田県オリジナルバンダナ
    秋田県オリジナルバンダナ

 他にも講師の派遣、施設見学できる企業の紹介など(秋田環境学習応援隊・地域の環境活動支援事業)を行っています。詳しくは下のリンク先のページをご覧ください。

リンク

 

 過去の活動報告集