「若者と地域をつなぐプロジェクト事業 ~国語・算数・理科・デザイン!~」の第二回集中ワークショップについて

2020年12月24日 | コンテンツ番号 54530

県では、昨年度に続いて、高校生等が企画する地域活性化に向けた取組の実現を後押しする「若者と地域をつなぐプロジェクト事業」を実施しています。

今年度採択された8グループが、実践活動を開始してから3か月ほど経過しましたが、各グループの進捗の共有や実践活動に対するブラッシュアップ等を行うために、12月12日(土)に第二回集中ワークショップを開催しました。

午前中は、各グループに3か月間の活動報告をしてもらい、講師の渋谷和之さんたちからフィードバックをしていただきました。これまでの実践活動を踏まえたうえで、例えば地元のシャッター街の活性化や無人販売所を活用した取り組みなど、若者ならではの地域に根差した活動を引き続き実践していく予定です。

また、午後からは、まちづくりファシリテーターの平元美沙緒さんの指導のもと、トークテーマごとに他のグループとの意見交換を実施いたしました。

参加者からは、「他の人が実践活動期間で経験した話を聞くことで、自分も経験したように感じる」など、新たな発見に繋がったようでした。
引き続き各グループが各地で実践活動を行い、3月上旬に成果発表会を開催する予定ですのでご注目ください!

第二回集中ワークショップ概要

 【日 時】令和2年12月12日(土)10:40~15:20
 【場 所】遊学舎 会議棟
 【参加者】33名
 【内 容】進捗の共有、実践活動に対するブラッシュアップ、他チームとの意見交換等

 

◆他チームとの意見交換の様子

 [116KB]

◆実践活動記録
(グラフィックレコーディングは講師の平元さんが作成)

   [111KB]

  [140KB]

 [128KB]

 [110KB]

 [133KB]

 [101KB]

 [151KB]

 [109KB]