【募集中】デジタル技術活用非対面型イベント開催支援事業費補助金

2020年10月08日 | コンテンツ番号 52907

デジタル技術を活用して、非対面で実施するイベントの開催を支援します。
概要は次のとおりですので、申請される方は、必ず実施要領及びQ&Aを確認の上、申請してください。

補助対象者

 次のいずれかに該当すること。

  1. 秋田県内に当該事業者の主たる拠点を有し、かつ実施要領の別表1に掲げる中小企業等であること。
  2. イベントを実施するために組織する実行委員会等の任意団体。ただし、代表者が秋田県内に住所を有していること。
  3. その他知事が特に必要と認める者。

 ただし、次のいずれかに該当する者は補助対象外とする。

  1. 中小企業等以外の者で、事業を営む者(以下「大企業」という。)から、次に掲げる出資又は役員を受け入れている者。
    ア  発行済株式の総数又は出資価格の総額の2分の1以上を同一の大企業が所有している中小企業等
    イ  発行済株式の総数又は出資価格の総額の3分の2以上を大企業が所有している中小企業等
    ウ  大企業の役員又は職員を兼ねている者が、役員総数の2分の1以上を占めている中小企業者
  2. 政治的又は宗教的活動を目的とした者。
  3. 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律第2条に規定する「風俗営業」、「性風俗関連特殊営業」及び「接客業務受託営業」を営む者。ただし、旅館業法(昭和23年法律第138号)第3条第1項に規定する許可を受け旅館業を営む者(風俗営業等の規制及び業務の適正化に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条第6項に規定する店舗型性風俗特殊営業を営むものを除く。)を除く。
  4. 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)に規定する暴力団等の反社会的勢力に関係する者。

補助対象事業

 次の要件を全て満たすものとする。
  1. 本要領第7条に規定する交付申請を行った日から令和3年2月28日までに、秋田県内で開催するイベントであること。
  2. VRやAR、スマートフォン用アプリケーション等のデジタル技術を活用すること。
  3. 上記の技術を活用することにより、可能な限り、人と人の接触を少なくして実施すること。
  4. 地域振興や産業振興を目的としたもの、又は本県の地域課題解決に資するものであること。
  5. 新型コロナウイルス感染症対策を適切に講じた上で実施すること。
  6. 政治的又は宗教的活動を目的としないこと。
  7. 射幸心を煽る恐れがないこと。
  8. 公の秩序もしくは善良の風俗を害するおそれがないこと。
  9. 公的な支援を行うことが適当でないと認められるものではないこと。
  10. 国若しくは県又はその他地方公共団体から当該イベント開催のための補助金、助成金、負担金等の収入がないこと。
  11. 参加者に参加料等の負担を求めるときは、その内容が妥当であること。

 なお、事前着手の届出を行った場合は、交付申請を行った日から交付決定までに実施するイベントも対象とする。ただし、事業実施主体の責任において事前着手することとし、交付決定にならなかった場合であっても、県は一切の責任及び負担を負わないこととする。

補助率

 4/5以内

補助額

 上限500万円、下限80万円

補助対象経費

 使用料・賃借料、通信運搬費、広告宣伝(事業費全体の1/2以内)、システム開発費、運営スタッフ人件費(イベント開催日の運営に携わるスタッフ経費のみ)、業務委託費(事業費全体の2/3以内)、印刷製本費、出演料・謝金(上限50万円)、消耗品費、保険料。

 ※事前着手の届出を行った場合は、着手年月日以降の経費を対象とする。
 ただし、着手年月日は、令和2年4月1日以降とする。

募集期間

 令和2年10月8日(木)~11月5日(木)必着

審査

 書類及びプレゼンテーションによる審査を行い、予算の範囲内で採択者を決定します。

ダウンロード

産業政策課補助金交付要綱 [421KB]
実施要領(PDF) [296KB]
審査要領(PDF) [132KB]
Q&A(PDF) [446KB]
様式(zip) [324KB]
様式(第1号~第16号)(word) [46KB]
様式(第1号~第16号)(PDF) [363KB]
請求書(word) [21KB]
請求書(PDF) [74KB]