令和2年度元気なふるさと・雄湯郷(ゆーとぴあ)づくり県民運動顕彰事業について

2020年08月05日 | コンテンツ番号 51589

元気なふるさと・雄湯郷(ゆーとぴあ)づくり県民運動顕彰事業

 雄勝地域振興局では、地域に住む人たちの自主的・主体的な地域活動を「元気なふるさと・雄湯郷(ゆーとぴあ)づくり県民運動」として推進するため、元気な地域づくりに積極的に取り組んでいる団体・個人を募集しています。

 

令和2年度の概要

 湯沢市・羽後町・東成瀬村の団体・個人であれば、どなたでも応募できます。自薦・他薦は問いません。

  • 応募締切     令和2年10月1日(木)17時15分までに必着
  • 応募方法     推薦調書に記入し、ウェブサイト下段をご確認の上、お申し込みください。
  • 推薦調書設置場所 雄勝地域振興局県民ホール、湯沢市役所 協働事業推進課、羽後町役場 企画商工課、東成瀬村役場 企画課

 応募いただいた中から選考の上、受賞者を決定し、表彰式を行います。なお、雄勝地域振興局ウェブサイトや各種広報等でご紹介させていただく予定です。

 

昨年の授賞式の様子

 昨年は東成瀬村の『読みかたりグループ「つくしんぼ」』と、湯沢市の『ゆざわ井戸端会議』の2団体が表彰されました。

 『読みかたりグループ「つくしんぼ」』は、平成19年に設立され、東成瀬公民館図書室を拠点に、子どもの読書生活を豊かにしたり、地域住民の読書への関心を高める活動をしている団体です。現在は18名が参加しています。

 設立以降、図書館や村内小中学校、福祉施設等で定期的に読み聞かせ訪問を実施してきたほか、地域住民の読書への関心を高めることを目的に、年に1回イベントを開催してきました。また、村の7か月検診の際に行われるブックスタート事業への支援を行ったり、他市町村の読み聞かせグループとの連携・研修にも取り組むなど、活動の範囲は多岐にわたっています。

  [88KB]

 また、『ゆざわ井戸端会議』は、平成8年に設立され、地域資源を活用しながら、湯沢市の活性化に資する事業に取り組んでいる団体です。現在は、46名が参加しています。

 設立以降、城下町である湯沢市内の「小路」の存在を、古文書や古地図をもとに絵図にした「湯沢の小路」を発行したり、商工会議所と連携して小路名を記した標柱を設置してきただけでなく、地域の歴史等を再認識してもらうため、小学生を対象に湯沢城址公園を散策しながら学習する機会を設けたりしてきました。

ゆざわ井戸端会議の表彰式の様子 [225KB]

 

提出先

直接提出する場合

 秋田県雄勝地域振興局 地域企画課(庁舎1階)までご提出ください。

郵送の場合

 宛先:秋田県雄勝地域振興局 地域企画課

 住所:秋田県湯沢市千石町2丁目1-10(〒012-0857)

ファックスの場合

 番号:0183-72-5057

メールの場合

 アドレス:ogachikm@mail2.pref.akita.jp

 

みなさまからのご応募を心よりお待ちしております!

 

ダウンロード

 「元気なふるさと・雄湯郷づくり県民運動」顕彰事業実施要綱 [46KB]

令和2年度「元気なふるさと・雄湯郷づくり県民運動」顕彰事業募集チラシ [822KB]

令和2年度「元気なふるさと・雄湯郷づくり県民運動」顕彰事業推薦調書[39KB]