感染拡大が進む地域との往来に関する強い注意喚起について

2020年09月01日 | コンテンツ番号 50966

 

 新型コロナウイルスの感染については、全国的に未だ新規感染者の発生が収束していると判断できる状況にはありません。とりわけ、本県は高齢県であり、重症化しやすい高齢者の感染は命にかかわることにつながります。
 こうした状況を踏まえ、引き続き県外の感染拡大地域との往来については、真にやむを得ない場合を除き控えていただくよう、強くお願いします。

 また、やむを得ない事情により訪問した場合は、接待を伴う飲食店の利用や会食を避けるなど、その行動に最大限の注意を払うとともに、帰県後のご自身の健康観察や周辺の方々との接触には十分留意されるようお願いします。

 なお、体調に異常を感じたときは決して無理に外出せず、「あきた帰国者・接触者相談センター」に速やかに相談するようお願いします。


 <感染拡大が進む地域との往来に関する例示>

 首都圏など感染拡大地域との往来については、当面、真にやむを得ない場合を除き控えていただくよう、強くお願いします。
 感染状況は日々刻々と変化しているので、報道や訪問先の都道府県のHPなどの情報をもとに、適切に判断してくださるようお願いします。

【移動を避けていただきたいもの(例)】
 観光、娯楽(スポーツ観戦、コンサート鑑賞、レジャー施設の利用等)、知人等への訪問(急を要する場合を除く。) など

【やむを得ない訪問(例)】
 出張等の仕事、各種試験、就職活動、葬儀、介護 など

 ※それぞれのケースを十分勘案の上、慎重に判断してください。
 
 帰省については、感染防止策を徹底した上で行っていただいて差し支えありません。


 引き続き、いわゆる三密を避けることやマスクを着用すること、手洗いをこまめに行うこと、大声を控えること(飲食店・集会所でカラオケや大声での会話を行わない、イベントなどで大きな声を出さないこと)を徹底するとともに、国が提供している「接触確認アプリ(COCOA)」や、「秋田県版新型コロナ安心システム」の活用についてもご協力をお願いします。
 特に若者については、症状が出ないことがあるので、油断することなく行動には注意していただくようお願いします。

 感染者や濃厚接触者、その家族らに対する嫌がらせやSNSでの誹謗中傷などが問題となっております。こうした行為は人権侵害に当たるほか、不安や恐怖心から受診や相談、疫学調査への協力をちゅうちょさせ、感染拡大のリスクを高めることにもつながりかねません。自分のため、地域のためにも、感染した人、関係者には思いやりを持って接するよう、強くお願いします。

 ※「県民の皆様への新型コロナウイルス感染症対策についてのお願い」(令和2年9月1日から)はこちら

 ※「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」についてはこちら

 ※「秋田県版新型コロナ安心システム」についてはこちら

【あきた帰国者・接触者相談センター(コールセンター)】

 新型コロナウイルス感染症に関する一般的な相談や、体調が悪い場合には、「あきた帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。

  電話番号 018-866-7050
  受付時間 24時間(毎日)


  電話番号 0570-011-567
  受付時間 9時~21時(毎日)


  電話番号 018-895-9176
  受付時間 9時~17時(毎日)