令和2年度秋田県放課後児童支援員認定資格研修

2020年06月19日 | コンテンツ番号 50379

  平成27年から、放課後児童クラブで子どもの指導にあたる職員には、「放課後児童支援員」の資格を持つ人を1名以上置くことが義務付けられました。

    放課後児童支援員の資格を得るには、国により定められたカリキュラムに沿い、都道府県が実施する本研修の終了が必要となります。

    放課後児童クラブに従事しようとする方、現従事者で放課後児童支援員の資格を有していない方は、研修実施要項をお読みになり、期限までにお申し込みください。

 

◎申込期限  令和2年7月10日(金)

◎申  込  先  特定非営利活動法人あきた子どもネット(研修運営業務受託者)                                                                          〒010-0955秋田市山王中島町1番2号(秋田県児童会館内)

放課後児童クラブとは

 保護者の就労などで放課後帰宅しても家族がいない小学生を対象に、保護者が帰宅するまでの間、遊びや自学などの生活の場を提供し、子どもの健やかな成長と子育て家庭の「子育てと仕事の両立」を支援します。

ダウンロード

 ・認定資格研修実施要項 [1290KB]

 ・研修ガイドライン [1309KB]

その他お知らせ

 例年7月頃に開催している「秋田県放課後児童支援員等資質向上研修」については、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、令和3年1月下旬以降に開催する予定です。